組込み総合技術展「ET2017」TOHOKUパビリオンへの出展企業の募集について(終了しました)

2017年05月30日 | コンテンツ番号 25559

【終了しました】

 専門技術展示会である組込み総合技術展(ET2017)に、東北6県の企業や団体が共同で出展するTOHOKUパビリオンが設けられます。
 ついては、TOHOKUパビリオンに出展する県内企業を募集します。

1 組込み総合技術展(ET2017)について
  組込み分野の専門技術展示会としては世界最大規模であり、多くの専門メディアから注目を集めており、日本の組込み業界をリードする企業が多数出展します。
  また、ビジネス交流を深める独自のイベント(ETフェスタ、ETアワードなど)が実施されます。
  昨年に引き続き「IoT総合技術展」と同時に開催されます。
   会期:平成29年11月15日(水)から17日(金)まで
   場所:パシフィコ横浜
   過去の実績:来場者数 25,654人、出展者数 415社(2016年実績)
   公式ウェブサイト:http://www.jasa.or.jp/expo/

2 TOHOKUパビリオンについて
  TOHOKUパビリオンは、東北6県の企業や団体で構成されるパビリオンです。組込み総合技術展では非常に知名度が高く、来場者の7人に1人が訪れるパビリオンとなっています。前回のET2016では、県内から1社が出展しています。
  昨年に引き続きIoT総合技術展と同時開催するため、出展品目は組込みソフトウェア技術に関する製品のほか、IoT技術に関する製品についても募集します。
 
  【出展のメリット】
   (1)企業認知度及び知名度を格段に向上できる。
   (2)リピーターが多く、マッチングのチャンスが多い。
   (3)出展により、県境を越えた企業間コラボレーションの芽が生まれる。
  【出展ブース】
   Aブース・・・幅 3m×奥行き 3m
   Bブース・・・幅 1.97m×奥行き 0.5m
  【出展形態】
   ・展示台を使用したパネル、モニター、コンテンツ等による出展とします。
   ・原則として、展示時間内は自社ブースに常駐していただきます。
 
3 出展費用について
  出展費用は次のとおりです。
   Aブース:約60万円(小間代及びコーディネート費のみ、装飾代は別途負担)
   Bブース:40~50万円(小間代、装飾代及びコーディネート費)


4 申請方法について
  平成29年7月28日(金)午後4時までに、次の問合せ先まで、社名、出展希望ブース、担当者名及び連絡先をお知らせください。