平成27年度(第50回)優秀畜産技術者賞を受賞しました!

2016年11月18日 | コンテンツ番号 25182

 

 平成28年6月14日、全国家電会館(東京都文京区)において、平成27年度(第50回)優秀畜産技術者賞表彰式が開催され、秋田県農林水産部畜産振興課主査高橋利清氏(写真:前列右から2番目)が受賞いたしました。

 優秀畜産技術者表彰は、畜産技術協会と日本中央競馬会弘済会との共催により、畜産技術者の技術向上を促し、畜産技術の発達普及に資することを目的とし、畜産技術の研究、開発または優秀技術の普及、指導上顕著な功績を上げた将来性に富む意欲ある中堅技術者を表彰するものです。

 全国畜産関係場所長会や全国畜産課長会議等から推薦を受けた候補者から、10名の方々が受賞しました。

 高橋主査は、平成27年度まで畜産試験場に在籍し、20年以上にわたり牛の繁殖に関する研究を行い、中でも「牛受精卵の超高速ガラス化保存法の直接融解技術(H20~24)や、「低耐凍性を示す牛精子の生存性改善方法(H21~23)」を開発するなど、本県畜産の発展に大きく寄与したことが高く評価されました。