秋田大学に対して呼吸器内科学講座の設置を要望しました

2017年05月10日 | コンテンツ番号 24889

1 要望書提出の趣旨
 高齢化が進行する本県において、予てより課題となっていた呼吸器内科にかかる専門医の不足を改善するため、秋田大学に対して、現在の「循環器内科学・呼吸器内科学講座」を発展的に改組し、呼吸器内科の独立した専門的講座による優れた人材の養成と診療体制の強化に取り組まれるよう、秋田県知事、秋田県医師会長及び秋田県病院協会長の連名で要望しました。
 秋田大学の山本文雄学長からは、「三者の要望を重く受け止め、早急に検討を始めたい」との発言がありました。

2 要望書提出の日時及び場所
  日 時:平成29年5月10日(水) 16:10~16:30
  場 所:秋田大学 学長室

堀井副知事から山本学長へ要望書提出
要望書を提出する堀井啓一副知事
(左から)小棚木均秋田県病院協会長、小玉弘之秋田県医師会長、堀井啓一副知事、山本文雄秋田大学長、尾野恭一秋田大学大学院医学系研究科長、近藤克幸秋田大学理事(兼)副学長