保育士登録はお済みですか?

2015年10月15日 | コンテンツ番号 2400

保育士として業務に従事する方は、保育士登録が必要です!

平成13年11月30日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成15年11月29日から施行されました。
これにより、都道府県知事から「保育士証」が交付されて初めて保育士として名乗ることができることとなっております。
保育士の登録を受けずに、保育士という名称を使用することは、法律で禁止されています。
保育士の業務に就く前には、必ず登録を行ってください。
(保育士として業務を行っていない方は必ずしも登録をする必要はなく、登録をしなくても資格がなくなるわけではありません)
なお、保育士の登録手続きについては、「登録事務処理センター」に委託しております。

申請してから登録証が届くまで、2~3か月前後かかりますので、余裕をもって手続きをしてください。

項目 内容
 登録手続きの概要
保育士となる資格を有する方 次のいずれかに該当する方
  1. 厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設(「指定保育士養成施設」)を卒業した方
  2. 保育士試験に合格した方
登録先
  • 指定保育士養成施設を卒業した方→申請時点の住所地の都道府県知事
  • 保育士試験に合格した方→合格地の都道府県知事
申請先 登録先は上記のとおりですが、登録申請先は、登録事務処理センターとなります

登録申請手続きの詳細については、下記のリンク先をご覧ください。

保育士登録に関するお問い合わせ先

登録事務処理センター
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル6階
登録専用電話 03-3262-1080

保育士登録に必要な「保育士登録の手引き」は、秋田県庁第二庁舎7階の秋田県教育庁幼保推進課でも配布しております。
郵送を御希望の方は、「保育士登録の手引き希望」と朱書した封筒(サイズは自由です)に、住所・氏名を明記した角型2号の返信用封筒(折っても構いません。140円切手を貼ってください)を同封してお送りください。
宛先は、
〒010-8580 秋田市山王3-1-1
秋田県教育庁幼保推進課 調整・企画班
です。

※保育士証の書換え(氏名・本籍地の変更)、再交付の手続きの場合は、それぞれの「手引き」を、上記登録事務処理センターからお取り寄せください。

保育士資格証明書等の再発行

保育士登録申請時に必要な「保育士の資格を証明する書類」のうち、平成16年以前に秋田県で保育士(保母)試験に合格または一部科目合格された方の保育士(保母)資格証明書等の再発行につきましては、秋田県教育庁幼保推進課で行っております。下記にお問い合わせください。

お問い合わせ先

TEL:018-860-5127
秋田県教育庁幼保推進課 調整・企画班

※保育士養成施設を卒業された方は各養成施設へお問い合わせください。