秋田県庁産業経済労働部だより(第28号)

2007年03月30日 | コンテンツ番号 2034

平成19年3月29日発行

    

秋田県にゆかりの皆様へ

季節や観光の御案内

写真)「あきたファン・ドッと・コム 秋田花めぐり」より

 秋田の4月といえば、やはり桜ではないでしょうか?

 「角館の枝垂れ桜(仙北市)」「千秋公園(秋田市)」「横手公園(横手市)」など、県内には桜の見所がいっぱいです。今年の開花は少し早くなりそうですが、ぽかぽかとした天気の中、桜の下を歩いてみませんか?

写真:仙北市 伝承館と桜
アクセスなど詳細は仙北市HP
写真:秋田市 千秋公園
アクセスなど詳細は秋田市HP
写真:大潟村 菜の花
アクセスなど詳細は大潟村HP
写真:井川町 日本国花苑
アクセスなど詳細は井川町HP

秋田市の桜の開花予想は、4月14日です。

秋田の春は、桜はもちろん梅、菜の花、かたくりの花、水芭蕉など草木が一斉に芽吹きます。

もしよろしければ秋田へ来てみませんか。皆様のご来県お待ちしています。

開催日

イベント名(開催場所)

来月のイベント予定

4月1日~

小坂鉱山事務所モダン衣装室 (小坂町)

4月07日~4月22日

象潟三崎公園桜まつり (にかほ市)

4月07日~5月  5日

刺巻湿原ミズバショウまつり (仙北市)

4月07日~4月11日

由利本荘 春の花巡り さくらまつり (由利本荘市)

4月中旬~4月下旬

千秋公園桜まつり (秋田市)
4月中旬 秋田県側八幡平アスピーテライン開通式 (鹿角市)

4月中旬~5月上旬

角館の桜まつり (仙北市)

4月中旬~5月上旬

かたくり群生の郷 (仙北市)

4月20日~5月5日

きみまち阪公園桜まつり (能代市)
4月22日 みちのく渓流釣り大会in馬場目川・2007 (五城目町)

4月下旬~5月上旬

2007大潟村桜と菜の花まつり (大潟村)

4月下旬~5月上旬

雄物川堤防の桜並木 (湯沢市)

4月29日~5月6日

マタギの里オープンイベント (北秋田市)

秋田の観光情報なら・・・あきた.ファンドッと.コムへ(↓クリックすると「秋田の観光」が全て分かります)あきた.ファンドッと.コム      

産業経済労働政策情報

秋田県総合観光パンフレット 風・景・美・人」について

 これまでの秋田県総合観光パンフレットを、新たな写真を取り入れるなど刷新いたしました。(パンフレット抜粋)

 秋田県には秋田美人が住んでいます。永遠の美を求めて龍になったという”たつこ姫”が田沢湖で待っています。しかも、美人と称していいのは女性だけではありません。秀麗な山容から秋田富士と呼ばれる「鳥海山」の四季をはじめ、自然・風土・文化などなど。温ったかくて、艶やかな「美人の里」に、あなたの旅心は目を覚ましませんか?「風景美人」たちが、そう語りかけます

皆様の来県を是非お待ちしております。

写真:秋田県総合観光パンフレット 風・景・美・人

 なお、本パンフレットは、県内外の観光案内所、旅行代理店、観光協会等で無料でお求めいただけます。

新たな企業の受入れについて

 平成19年3月に新たに1件の企業の受入が決定いたしました。これにより、今年度の誘致企業数は7社、誘致企業は延べ606社目となりました。秋田県は、企業の皆様の秋田進出を応援致します。

「商業活性化総合支援事業に係る制度改正」について

  県では、賑わいのある商店街づくりの推進と中小小売商業の振興を図るため、商店街の取り組みを地元の市町村と共同で支援する「商業活性化総合支援事業」を実施しています。これまで本事業については、商店街団体や市町村、商工団体等の要望を踏まえ、適宜、制度見直しを行いながら現在まで継続して実施してきたところですが、さらに費用対効果を高め商店街の賑わいづくりに役立つ事業とするために、平成19年度から制度の一部を変更することとなりました。

「環境と調和した産業づくり支援事業補助金」について

 平成19年度にリサイクル製品の製造、研究開発または市場開拓等を行おうとする事業者、また、自社で発生する産業廃棄物の減量化や再資源化等を行おうとする事業(者)を募集します。なお、受付期間:平成19年4月2日(月)~5月2日(水)です。申請にあたっての事前相談は、上記受付期間前から随時受付いたします。本事業の活用をよろしくお願いいたします。

秋田県合同就職面接会を開催します

 県と秋田労働局では、新規学卒者の円滑な県内就職の促進と、県内企業の人材確保を支援するため、平成20年3月に大学・短大・高専・専修学校等を卒業予定の学生を対象とした「秋田県合同就職面接会」を次により開催します。

産業経済労働部関係人事異動内示について

 平成19年3月26日、県の課長級以上の人事異動が発表され、産業経済労働部の幹部にも異動がありました。平成19年度の産業経済労働部は次の体制で業務遂行しますので、よろしくお願いいたします。

関連情報のご案内

A・Kプロジェクト「比内地鶏と一番搾りを楽しむ夕べ」開催

 皆様既にご存じかと思いますが、3月3日より、比内地鶏など県産品が「キリン一番搾り」のCMやポスターに登場しております。これに先立ち、3月1日に「比内地鶏と一番絞りを楽しむ夕べ」が開催されました。 

「企業ガイドブックあきた 2007(就職情報誌)」について

 秋田に帰りたい、秋田で就職したいと思っている方のために、秋田の企業をご紹介します。

 皆様の周りで秋田県内の就職に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、是非下記HPをご紹介ください。「秋田で探そう君色の進路」

 詳細は下記アドレスから。

 「企業ガイドブックあきた(機械金属製造業・清酒製造業)」について

秋田県中小企業団体中央会では、団塊の世代の方々を招致するためガイドブックを作成しました。本ガイドブックには県内の機械金属製造業51社、清酒製造業44社の業務内容、会社の特色、社員コメントなどが掲載されております。是非ご覧ください。

本ガイドブックに係るお問い合せ先 秋田県中小企業団体中央会 電話018-863-8701

写真:企業ガイドブックあきた(機械金属製造業・清酒製造業)

「秋田川連漆器」について

 このたび川連漆器工業協同組合では、伝統的技法でつくられた工芸品のカタログを作成しました。国の伝統的工芸品にも指定されている川連漆器の歴史は古く、約800年前の鎌倉時代に遡ると言われますが、現在では、椀や箸など食を演出する器はもちろん、アクセサリーや家具など、様々なアイテムが作られています。皆様、是非ご覧頂ください。

秋田物産.com

注意事項

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  加賀谷誠一/田上文啓/佐藤文一

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)