秋田県庁産業経済労働部だより(第24号)

2006年11月30日 | コンテンツ番号 1887

平成18年11月30日発行

      

秋田県にゆかりの皆様へ

秋田ふるさと検定に関する記事は、最下段にあります

季節や観光の御案内

写真) 秋田の魚「鰰(ハタハタ)」

 一雨ごとに寒さが増し、秋田の魚「鰰(ハタハタ)」の季節となりました。この時期、秋田の楽しみは、やはり食ではないでしょうか?そこで、今月は、秋田の味を特集します。

これぞ秋田の食 ~今が旬、秋田の味~

写真)鰰の水揚げ
写真)鰰の塩焼き
写真)鰰ずし
鰰には、田楽、塩味・味噌味・醤油味の鰰汁、塩魚汁鍋、鰰ずし等様々な調理法があります。秋田の冬には、鰰(ハタハタ)が欠かせません。
写真)塩魚汁(しょっつる)鍋
 
”しょっつる”とは、魚のアラを発酵させて作ったダシのこと。昔は、家々で自慢の味を伝承し、お互いに競いあっていたほど、こだわりの深い鍋料理です。
写真)きりたんぽ
写真)調理風景
写真)きりたんぽの食材
全国的にも有名な”きりたんぽ”は、比内地鶏、セリ、ゴボウ、ネギ、キノコなど様々な食材が入ります。
写真)だまこ汁
「きりたんぽ」とほぼ同じ食材を使いますが、違いは、ごはんをつぶして直径3cmほどに丸めた”だまこもち”を使用します。
写真)いものこ汁
 里芋のことを秋田では「いものこ」と呼び、秋田では、古くから「鍋っこ遠足」と称して、屋外でいものこ汁を楽しむ習慣があります。いものこをメインに、鶏肉と秋の味覚をたくさん入れるとより美味しく頂くことが出来ます。
 秋田の鍋と言えば、「きりたんぽ」「しょっつる」「だまこもち」「いものこ」などでしょうか。なお、「全日空機内誌 翼の王国(11月)」、「食彩あきた 06'秋冬号」には秋田の郷土料理が掲載されています。
「翼の王国」11月号
食彩あきた 06’秋冬号
最後に、漬物はいかがですか?
写真)いぶりがっこ
写真)大根と人参の酒粕漬け
写真)キュウリの酒粕漬け

 あったかい鍋と熱燗を少し頂くと心も体も暖まります。皆様、初冬の秋田の食を満喫してみませんか?

※本ホームページ作成にあたり、写真・文章の一部を秋田県農林水産部農山村振興課HP「美しき水の郷あきた」から複写・転用しております。

開催日

イベント名(開催場所)

来月のイベント予定
12月01日~03月31日 角館の冬がたり (仙北市)
12月16日~1月8日 槻の木光のファンタジー (横手市)
12月16日~12月17日 第4回 北の演劇祭 (小坂町)
12月18日 山田地蔵祭 (大館市)
12月26日 初丑祭り (湯沢市)
12月31日 なまはげ (男鹿市)
12月31日~1月1日 比叡山神社大松明 (横手市)
1月1日 七座山元旦登山 (能代市)
1月1日 一日市裸参り (八郎潟町)

秋田の観光情報なら・・・あきた.ファンドッと.コムへ(↓クリックすると「秋田の観光」が全て分かります)あきた.ファンドッと.コム    

課室長ペンリレー

「同じ釜の飯を食った仲間との35周年」

誘致企業室長  東海林 孝豐

 2回続けて北海道でしたので、今回はぐっーと南に大分県を話題に取り上げます。大分県といえば、あと300日余りに迫った秋田国体の次の開催県です。(知ってました?)

 11月11、12日に紅葉前線を追い抜いて別府市に行ってきました。国体のマスコットキャラクターの「めじろん」は空港内で1カ所見つけただけ。盛り上がりはまだのようです。 昭和46年10月から47年9月までの1年間、中小企業診断士養成研修で同じ釜の飯を食った仲間が集まった次第です。当時は20代、30代の若者だったのですが、35年も経つと現役は私を含めても数人で少数派です。集まったのは半数程度ですが、皆さん元気で大いに気勢を・・・・

産業経済労働政策情報

新たな企業の受入れについて

 平成18年11月に新たに4件の企業の受入が決定いたしました。これにより、今年度の誘致企業数は6社、誘致企業は延べ605社目となりました。秋田県は、企業の皆様の秋田進出を応援致します。

「秋田県内就職希望登録」の受付をしています!

 秋田県では、秋田県内への就職を希望する大学・短期大学・高等専門学校・専修学校等を卒業予定の学生を対象に登録制度を設け、様々な情報を提供しております。お近くに平成20年3月に卒業予定の学生で、秋田県内への就職を希望する方(未定でも結構です)がいらっしゃいましたら、ぜひご登録ください。

情報誌「ホットワークあきた」 について

  「ホットワークあきた」は、県内の雇用情勢、各種調査結果の概要、労働・雇用行政施策等に関する情報を隔月でお伝えしています。第59号(平成17年5月20日発行)より、ホームページへの掲載を開始しましたのでご覧ください。なお、更新時期は、奇数月の末日頃を予定しています。

男鹿水族館ホッキョクグマ広場改修工事に伴うホッキョクグマ・豪太の展示室変更のお知らせ

 ホッキョクグマ・豪太の展示室が変更になりました。ホッキョクグマが水の中に飛び込む迫力の姿を、ガラス越しに間近に見ることができます。このスペースでの展示は、工事が終了する来年3月中旬までの期間限定になります。

関連情報のご案内

「第1回 秋田ふるさと検定」実施される 

画像:第1回 秋田ふるさと検定 ポスター

 去る11月12日に「第1回ふるさと検定」が実施されました。「秋田ふるさと検定」とは、秋田県の歴史、観光、祭り・行事、自然、生活文化、産業の6分野についての知識を学び、『ふるさと秋田』のすばらしさを再認識するとともに、県民一人ひとりが身近な観光案内人として秋田の魅力を積極的に伝える「おもてなしの心」の向上を目的に今年初めて実施されたものです。

 実際に出題された問題と解答がありますので、皆さんの実力を試してみてはいかがでしょうか?

※今月掲載を予定しておりました「県外事務所通信」は次月号(25号)で掲載いたします。

注意事項

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  加賀谷誠一/田上文啓/佐藤文一

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)