平成28年度「元気な大館・北秋田地域づくり活動顕彰事業」表彰式を開催しました

2016年12月27日 | コンテンツ番号 18615

 北秋田地域振興局では、大館・北秋田地域において、様々な地域課題の解決のために、自主的・主体的な地域づくり活動に取り組む団体・個人を顕彰することで、市民活動の普及拡大を図る「元気な大館・北秋田地域づくり活動顕彰事業」を実施しています。

 平成28年度は次の3団体の受賞が決定し、平成28年12月21日(水)に当振興局にて表彰式を開催しました。
 受賞者には、秋田県をかたどった秋田杉の表彰状が贈られ、表彰後、各団体から活動内容を紹介していただきました。


■受賞者のご紹介

○大館市山王台町内会
大館市山王台町内会は、近隣同士の希薄な人間関係を無くし、町内の活性化を図ろうと、平成27年度に大館市「地域づくり協働推進支援事業」に応募し、その助成を受けることをきっかけに、子どもからお年寄りまで三世代交流による町内菜園の運営、町内老人くらぶの立ち上げ、盆踊りや子ども神輿の創作、春・秋の町内ミニ防災訓練の実施など、地域住民の交流に繋がる様々な事業に取り組んでいる団体です。

○猿間自治会
猿間自治会は、地域の行事が簡素化し減少していく中、住民の集う場が無くなることに危機感を持ち、地域にある「丹内様公園」を住民自らの手で復活させたことをきっかけに、春の桜まつり、夏のバーベキューまつり、秋の子ども神輿奉納など、地域を賑やかにするイベントを実践し、地域住民の繋がりを深める取組をしている団体です。

○森吉山麓村興し会
森吉山麓村興し会は、北秋田市阿仁前田において毎年8月7日に開催され、今年で30回目となる「森吉山麓たなばた火まつり」を主催するとともに、創作太鼓「森吉山麓火まつり太鼓」の演奏や、全国的にも有名となった「バター餅」の普及を目指した「BM-1(バターモチ)グランプリ」を開催するなど、地域の賑わいづくり、地域の活性化に取り組んでいる団体です。

表彰式