ドンパンお口の体操

2006年10月24日 | コンテンツ番号 1851

「秋田花まるっ」元気アップ体操ドンパンお口の体操~おいしく、楽しく食べるために~

 人生の中で、食事は大きな楽しみの1つで、いつまでもおいしく食べたいものです。
 年齢を重ねると、唾液の量が減るなどして、口の中の細菌が増えやすくなり、また、「食べる・飲み込む」働きが低下して、食事中にむせたり、食べ物がのどにつかえたりして、口の中の細菌が肺に入って、肺炎をおこしたりすることがあります。
 でも、歯磨きやうがいをして口の中を清潔にすることや、口や舌の体操をすることで、口の中の健康を保ち、「食べる・飲み込む」働きの低下を予防することができます。
 ドンパンお口の体操で、口の周りの筋肉や舌を動かし、おいしく、安全に、食事を楽しみましょう。食事の前や気が付いたときに実践してみてください。

 外部リンク