秋田県県民栄誉章の贈呈について(小松由佳氏)

2015年08月14日 | コンテンツ番号 1825

 世界第二の高峰であるK2登頂に成功された秋田市出身の 小 松 由 佳 氏に「秋田県県民栄誉章」を贈り、顕彰することに決定しました。

1.県民栄誉章顕彰者

  • 氏名
    小 松 由 佳(こまつ ゆか)氏
  • 年齢
    23歳
  • 出身地
    秋田市
  • 現住所
    東京都府中市

2.功績等

  • 功績
     平成18年8月1日、世界第二の高峰であるパキスタンと中国国境にそびえるK2(8,611m)に日本人女性として初登頂に成功した(女性としては世界8人目)。南南東支稜ルートからの登頂成功は女性では世界初の快挙であり、秋田県の名を高めるとともに、社会に明るい希望を与えた功績は県民の誇りである。
  • 略歴
    • 平成10年
      秋田北高等学校に入学し、登山部に所属
    • 平成11年
      国体(熊本)出場
    • 平成12年
      インターハイ(岐阜)出場
    • 平成13年~17年
      東海大学に入学し、山岳部に所属(同大山岳部初の女性主将を務める)
    • 平成17年~現在
      大学卒業後は東海大学山岳部OB会に所属

写真:小松由佳さん

写真:表敬訪問