廃プラスチック利用新建材製造施設(秋田ウッド)

2006年09月07日 | コンテンツ番号 1790

秋田県北部エコタウンからのお知らせ -ハード事業-

廃プラスチック利用新建材製造施設が完成しました

 秋田県北部エコタウン計画の事業の一つである「廃プラスチック利用新建材製造事業事業」について、製造工場が完成しました。
 県内主幹産業である林業で発生する間伐材、木材加工業の切粉屑、木質建設廃材や、家電リサイクル工場の廃プラスチック、プラスチック工場の端材等を活用して耐久性、耐候性に優れた新しい木質素材を製造します。
 新素材はフローリング、サッシ、ドア材等の新建材として使用されます。

(施設概要)

  • 設置・運営
    秋田ウッド株式会社
  • 所在地
    〒017-0002
    秋田県大館市白沢字松原570
    電話番号 0186-47-2230
  • 主な設備
    • プラスチック破砕機
    • プラスチック粉砕器
    • 木質破砕機
    • 木質粉砕機
    • 磁選機
    • 切断機
    • 混錬機
    • コンパウンド製造機
    • 押し出し成型機

工場の詳細については秋田ウッド株式会社へお問い合わせ下さい。

製品使用例:パーゴラデッキ