旅行商品流通の現状と構築手法を学ぼう!

2018年02月09日 | コンテンツ番号 17792

 観光で活性化するためには、旅行商品の流通形態の実態がどうなっているかを知ることが重要です。
 旅行商品の流通のプレイヤー(サプライヤー・旅行会社・ランドオペレーター・ホールセラー等)のそれぞれの役割を解説いただきながら、あきた白神地域の旅行商品流通の構築案やその手法案について学ぶ勉強会を開催します。
 参加費は無料ですので皆様のご参加をお待ちしております。

≪東北観光復興対策交付金活用事業 日本版DMO関連第3回勉強会≫

▼開催日時
 平成30年3月1日(木) 18:30~20:00

▼会場
 山本地方総合庁舎(山本地域振興局) 3階 大会議室(能代市御指南町1-10)

▼講師
 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院  非常勤講師 山脇 亘一 氏

▼演題
 「旅行商品流通の現状と未来 ~DMOによる流通へのアプローチ」

▼申し込み方法
 別添チラシ裏面に記載の申し込み先にFAXまたはEメールで平成30年2月28日(水)までお申込みください。
 ※チラシでは2月23日締め切りとなっていますが、2月28日まで受け付けます。

▼主催(お問い合わせ先)
 勉強会に関するお問い合わせは能代山本管内の観光担当課までお願いします。
 能代市観光振興課 TEL:0185-89-2179
 藤里町商工観光課 TEL:0185-79-2115
 三種町商工観光交流課 TEL:0185-85-4830
 八峰町産業振興課 TEL:0185-76-4605

ダウンロード

 勉強会チラシ・参加申込書[661KB]