パロマ工業(株)製瞬間湯沸器による事故について

2014年01月23日 | コンテンツ番号 1775

 パロマ工業(株)が昭和55年4月から平成元年までに製造した半密閉式ガス瞬間湯沸器について、排気ファンの作動不良による一酸化炭素中毒事故が発生し、死亡者等が出ています。

 経済産業省では8月28日付けで、同社に対して該当する製品の点検及び回収、消費者への注意喚起、点検及び回収状況の報告を行うよう、緊急命令を発動しました。

 皆さんが使用している器具の機種を確認するとともに、該当する場合は使用を中止し、次の相談窓口に照会してください。  

パロマ工業(株)お客様相談室

  • TEL0120-314-552

該当機種

  • PH-81F
  • PH-82F
  • PH-101F
  • PH-102F
  • PH-131F
  • PH-132F
  • PH-161F

※関連リンク