プロジェクトアドベンチャー

2016年04月19日 | コンテンツ番号 1764

プロジェクトアドベンチャーは、体験学習の手法でコミュニケーション力を強化していくプログラムです。

・子どもたちを信頼し、学級の規範づくりを子どもたちの手に委ね、その規範を実効性のあるものにすることを目指すします。
・居心地の良いクラスは人から与えられるものではなく、一人一人が責任を自覚し行動していかなければならないことを自然に学習していきます。
・心理的に安心できる環境では気持ちがオープンになり、多くのことを自然に学んでいきます。

PAはプログラムが体系化されています。

第1段階 アイスブレーク、ウォームアップ

楽しく一緒に行うゲームや簡単なコミュニケーションを伴う活動を通して、グループメンバーが知り合い、メンバー同士が居心地よく感じ始める機会を提供します。

第2段階 ディインヒビタイザー(自己抑制の反対語)

比較的低いレベルのリスクに挑戦する活動を通して、人前で失敗したり少し恥ずかしいことをしたりするのも平気に感じ始める機会を提供します。

第3段階 コミュニケーション

人の話に耳を傾ける、自分の意見や感情を、言葉やゼスチャーで伝える活動を通して意見や感情を表現する農両区を高める機会を提供します。

第4段階 イニシアティブ(課題解決)

簡単なものから複雑なものまで、さまざまな問題を試行錯誤を繰り返して解決しようとする活動を通して、効果的なコミュニケーションをとり協力し合う機会を提供します。

第5段階 トラスト

身体的、心理的なリスクある活動を通して、仲間といることで自分は守られていることを実感する機会を提供します。

  • 集団の実態とねらい、活動時間など考慮して、冗談の檀家を経る流れで活動を組み立てていきます。第3段階以降で、エレメントと呼ばれる大型の体験器具を使うプログラムもあります。

岩城少年自然の家に設置しているローエレメントを紹介します。

ジャイアントシーソー

写真:ホエールウォッチング
船に乗り込んで冒険の旅へ出発!ガッタンゴットンすると浸水します!

ニトロクロッシング

 写真:ニトロクロッシング
目の前に激流現るっ(つもりで) ロープを使って対岸にわたろう!

テレフォンポールシャッフル

写真:TPシャッフル
丸太に乗ったら降りることができません! 乗ったまま、並び順をシャッフル!

アイランズ

写真:アイランズ
温暖化の影響で海面上昇! 長短2枚の板を使って他島に避難!

ムカデウォーク

写真:ムカデウォーク
特製ムカデ器具を使って進みます。 前進できなければ後退も可!

スパイダーズウェブ

写真:スパイダーズウェブ
超巨大クモの巣に触れないように… 誰かがくぐった穴はふさがります!

モホークウォーク

写真:モホークウォーク
木々の間に張られた綱わたり! 手と手を取り合えば落ちませんっ!

手つなぎトラバース

写真:手つなぎトラバース
頭上のロープを使った綱わたり!これまた手と手を取り合えば…

ウォール

写真:ウォール
壁を一人ずつ乗り越えます!

トラストフォール

写真:トラストフォール
ネットはネットでも、人間ネット! 文字どおり、信じて倒れます! あなたは信じることができるかな?

上に紹介した活動は、十分なウォーミングアップ後に行います。

皆様の学校や企業研修などへの出前講座も承っております。申込をお待ちしています。

PAについてもっとくわしく知りたい方は、プロジェクトアドベンチャージャパンへどうぞ!

ダウンロード