「あきた元気ムラ大交流会2016~咲かせよう 元気とやる気の創造花火~」を開催しました。

2016年09月05日 | コンテンツ番号 17483

 県と市町村が連携し実施している地域コミュニティ政策の一環として、新たな集落活動を始める「きっかけづくり」や、県内及び県外の枠を超えた集落同士や企業等との交流と連携の「場づくり」につながることを目的に、今年度で5回目となる「あきた元気ムラ大交流会」を開催しました。
 大交流会には、県外からの参加も含め、昨年同様400名を超える方々に交流していただきました。今年度は、新たに「地域のお宝アピール」として地域の魅力について話し合う時間を最後に設定した3部構成を試みました。また、第1部の取組発表、第2部の試食・交流、第3部の地域のお宝アピール及び元気ムラ応援団の活動展示を、全て一つの会場でコンパクトにまとめて開催しました。
 12時から開催したこともあり、会場外に飲食ブースを設置し、地元集落による「余目ほたるそば」と大仙市観光物産協会による軽食を来場者に提供しました。
 アンケート結果では、「開催時間帯は丁度良い」「3部構成は良かった」「時間が短く、物足りない」「マイクが悪くて聞き取れなかった」等の意見が寄せられました。様々な意見は、次回の大交流会の参考としていきます。

 

 【日 時】 平成28年9月3日(土)12:00~16:00

 【会 場】 仙北ふれあい文化センター(大仙市)

 【参加者】 402名 県内59団体
            自治体63名
            県外自治体6名
            応援団・来賓
            一般参加者   等

 【プログラム】
  第1部 開会・取組発表
      開会あいさつ 秋田県企画振興部 部長 粟津 尚悦、
                                               大仙市 副市長 老松 博行

      来賓紹介   県議会議員、大仙市議会議員
             県内外参加集落等紹介

      地域づくりに取り組む団体の事例発表
       取組発表1 テーマ「外部人材活用による地域活性化」
             大仙市集落支援員4名/藤原 正美  氏
                        山﨑  浩  氏
                        鈴木 由美子 氏
                        佐々木 繁雄 氏
       取組発表2 テーマ「地域交流拠点づくり」
             お互いさまスーパー 仙道てんぽ
                   代表取締役 土田 房美 氏

   第2部 ・地域のお宝を囲んでの交流会
       ・地域の元気な活動や、元気ムラ応援団による取組の紹介
       ・地域で作られた工芸品等の展示
       ・地域の昔ながらの料理や食材の試食を囲んでの意見交換

   第3部 ・地域お宝アピール・閉会
       ・出展地域によるお宝(地域資源の商品化)アピールと
        参加者との意見交換
       ・アトラクション
       ・閉会あいさつ 秋田県議会 総務企画委員長 原 幸子

※詳細は下記URL「秋田県のがんばる農山漁村集落応援サイト」
 の産地直送ブログをご覧ください。

http://common3.pref.akita.lg.jp/genkimura/blog/?p=44846
http://common3.pref.akita.lg.jp/genkimura/blog/?p=45009