「要緊急安全確認大規模建築物」において耐震診断結果の報告がなく命令したものの公表について

2017年01月26日 | コンテンツ番号 16993

 建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年10月27日法律第123号)第8条第1項及び附則第3条第3項の規定により、「要緊急安全確認大規模建築物」のうち、耐震診断結果の報告がなかった建築物について、当該建築物の所有者に対し命令を行いましたので、同法第8条第2項及び附則第3条第3項に基づき、その旨を公表します。


対象建築物及び命令の内容は以下のとおりです。

耐震診断結果の報告がなく命令したもの

 
所有者名
建築物の名称
建築物の位置
建築物の  主たる用途
命令年月日
命令の内容
除却等の予定
命令に基づく報告
内容
実施時期
仙北市長
仙北市立  角館総合病院
仙北市  角館町  上野18
病院
平成28年   12月22日
平成29年4月30日までに用途廃止完了の報告を行うこと
建替
平成27年  2月     ~       平成29年  2月
平成29年4月17日付にて所管行政庁あて  報告済
【報告内容】      平成29年3月31日付用途廃止
大館市長
大館市民  文化会館
大館市  字桜町南 45番地1
集会場
平成28年   12月22日
平成29年9月30日までに耐震診断の結果の報告を行うこと
平成29年9月26日付にて所管行政庁あて  報告済
耐震診断結果はこちらで公表しています

※【命令内容にかかる更新】平成29年11月6日 各命令に基づく報告状況を追記し更新しました。