秋田県庁産業経済労働部だより(第17号)

2006年04月28日 | コンテンツ番号 1617

発行:H18.4.28

秋田県にゆかりの皆様へ

目次

秋田から:季節や観光の御案内

秋田の春とゴールデンウィークの観光は

 今年は、昭和48年以来の大雪で、秋田県民にとっては非常に厳しい冬でしたが、ようやく春の暖かさが感じられる季節となりました。

 首都圏とは異なり、秋田の春は、桜や梅など草木が一斉に芽吹き、春の訪れが急速に始まります。

 また、今年の秋田市内の桜は、4月の低温により、ゴールデンウィークには満開となる予定です。

 県土の広い秋田では、同じ春でも訪れる場所によって様々な表情を楽しむことができますが、桜や新緑と残雪を同時に満喫できるのも特徴の一つです。

写真:秋田における春(桜) 写真:秋田における春(残雪)

 秋田の観光情報ポータルサイト「あきたファン・ドッと・コム」では、このような秋田の魅力を厳選した「秋田 自然体験ツアー」「秋田 温泉探訪ツアー」「秋田 お祭り体験ツアー」「秋田 美食探訪ツアー」など、首都圏の方を対象にした秋田ならではの旅行商品の情報を掲載しています。

 県内・県外いずれにお住まいの方も、春へと移り変わるこの時期に、秋田で春を見つける旅をしてみませんか。

観光イベント情報

山開き
平成18年 5月 3日(水) 森吉山 山開き(北秋田市)
平成18年 5月20日(土) 
~ 5月21日(日)
栗駒山 山開き(湯沢市)
祭り
平成18年 5月 1日(月) 醍醐荒処沼入りぼんでん(横手市)
平成18年 5月 3日(水) 秋田犬保存会第115回本部展覧会(大館市)
平成18年 5月 4日(木)
~ 5月 5日(金)
ワールド・エコノ・ムーブ(大潟村)
平成18年 5月 5日(金) 一日市願人踊(ヒトイチガンニンオドリ)(八郎潟町)
平成18年 5月21日(日) 象潟祭典(にかほ市)
平成18年 5月22日(月) 了翁禅師の法要(湯沢市)
平成18年 5月 3日(水)
~ 5月 6日(土)
春の花ばな満彩市場(鹿角市)
平成18年 5月13日(土)
~ 5月14日(日)
黄桜まつり(由利本荘市)
平成18年 5月14日(土)
~ 5月28日(日)
第24回本荘つつじまつり(由利本荘市)
平成18年 5月19日(金)
~ 6月 4日(日)
能代公園つつじ祭り(能代市)
平成18年 5月20日(土)
~ 6月18日(日)
大内さつき祭り(由利本荘市)

関連リンク

秋田の旬の観光情報「あきたファン.ドットコム」

  • あきたファン.ドットコム

その他の観光情報や「花まるっニュース」は、こちらでもご覧になれます。

秋田県イベント情報

 秋田県では、産業経済や雇用等に関する具体的な情報発信と新たな人的ネットワークづくりを目指して、各種セミナーなどを開催しています。

平成18年 秋田県合同就職面接会の開催について

 県では、平成19年3月卒業予定の学生と県内企業が一堂に会した面接、選考の機会を設けることで、学生の県内就職を促進すると共に県内企業の人材確保を支援するため、次の日程で合同就職面接会を開催します。また、平成18年3月以前に大学等を卒業した学生及びAターン就職希望者の就職面接会も同時に開催し、県内就職の促進に努めます。

東京会場

平成18年5月12日(金) 午後1時~午後4時 中野サンプラザ

秋田会場

平成18年5月23日(火) 午後1時~午後5時 秋田ビューホテル 

産業経済労働部課室長ペンリレー

 このコーナーでは、秋田県産業経済労働部の課室長が、担当業務に関連したトピックをご紹介していきます。

「雇用労働政策課」からこんにちは! 

 今冬の大雪の捨て場所となった県庁中庭の駐車場にアルプスのようにそびえ立っていた巨大な雪山も日に日に小さくなり、今はほんの少し黒い雪の固まりが名残惜しそうに鎮座しています。出勤時この“雪山”を見るたびに、春は本当に来るのかと心配になったものですが、ようやく秋田にも春爛漫の季節が巡ってまいりました。

 皆様、こんにちは。そして、はじめまして。

 この4月から、雇用労働政策課長をしております加藤純子と申します。出身は男鹿市です。寒風山(かんぷうざん)の麓で生まれ、大晦日は「なまはげ」の来訪に胸を高鳴らせ、夏は日本海で水浴びをして育ちました。新米ではありますが、ふるさと男鹿で培った「しなり強さ」で頑張りますので、叱咤激励の程よろしくお願いいたします。

写真:日本海
日本海
写真:なまはげ
なまはげ

産業経済労働政策情報

 秋田県産業経済労働部では、県内外の企業の皆様にとって魅力的な県となるよう、各種の施策を行っています。

ロシア極東港湾等調査報告

 秋田県では、平成18年度新規事業の「環日本海地域貿易環境整備事業」の一環として、ロシア極東地域の港湾・物流状況の予備調査を実施しました。

 この調査では、ロシア極東地域の港湾、物流状況の予備調査を通じて、秋田港とのコンテナ定期航路開設の可能性に関する情報収集等を行っております。  

下記写真はウラジオストク市内から望む港湾施設

鄭 国際交流員 赴任

 産業経済労働部では、毎年、国際交流員の受入をしておりますが、このたび4月17日付で、鄭 恩哲 交流員が赴任しました。

 鄭交流員は、中国琿春市出身で、32歳。ロシア語、中国語、日本語が堪能で、即戦力として「環日本海地域貿易環境整備事業」等での活躍が期待されています。

秋田の地酒 アメリカに挑戦

 秋田県、県内蔵元4社、ジェトロ秋田では、県産日本酒の輸出拡大のため、ロサンゼルスとニューヨークにおいて商談会を兼ねたイベントを開催しました。

 美酒王国「秋田」とも言われる秋田県ですが、その輸出量は他県と比較しても決して多くないことから、今後も様々な取り組みを通じて、県産日本酒の販路拡大に取り組んでまいります。

決定 「今年の秋田の顔」
~秋田の旅のイメージアップ宣伝広告事業の実施地域決定について~

 首都圏をはじめとした県外の方々に、秋田の旅を強く印象づけるため、今年度は次の2地域を「今年の秋田の顔」として位置付け、様々な手法を用いて集中的かつ効果的に宣伝し、秋田県のイメージアップとさらなる誘客を図ります。

マタギの森「阿仁森吉地域」

 豊かな自然を有する森吉山と阿仁マタギの文化や生活を観光素材として積極的に活用し、体験・滞在型観光を推進します。

小野小町ゆかりの凛の郷「秋の宮温泉郷」

 雄勝地域ゆかりの「小野小町」に着目した旅行商品企画を核に、地域が一体となった取り組みを実践します。

多様な働き方事例集
~多様な働き方に関する県内企業の事例紹介~

 少子・高齢化や産業構造の変化、働き方に対する価値観の変化が急速に進む中、働く人々の仕事と生活の調和を図ると共に、その意欲と能力を活かしながら企業の発展につなげることが必要とされております。

 今回発刊した事例集は、「仕事と家庭の両立支援」「高齢者雇用の促進」「女性のキャリアアップ」「パート均衡処遇」などについて県内企業の取り組みをまとめております。

新エネルギー導入アドバイザー派遣について◆ 

 「新エネルギーを導入してみたいけど、どのような機器があるの?」「どのようなのが適切なの?」「助成制度はあるの?」

 県では、環境にやさしい新エネルギーの導入を積極的に推進するため、事業者・市町村を対象に専門家を派遣して相談に応じる『新エネルギーアドバイザー派遣事業』を実施しております。新エネルギーを導入する際の初期段階において、是非、ご活用いただきお役立てください。

関連情報のご案内

大阪便が就航します

 平成18年7月1日から、アイベックスエアラインズ(IBEX 本社・東京)が、秋田-大阪(伊丹)便を就航します。これまでの1日2便体制から、1日4便体制となり、大阪(伊丹・関空)~秋田が益々便利になりますので、沢山の皆様の来県を心よりお待ちしています。

平成18年度科学技術分野の文部科学大臣表彰
創意工夫功労者賞及び創意工夫育成功労学校賞の表彰について

 文部科学省では、職域における科学技術の進歩や改良に寄与した個人・グループ、創意工夫の育成に顕著な成果を収めた小中学校に対し、創意工夫功労者賞及び創意工夫育成功労学校賞の表彰をしています。

 平成18年度は、本県から創意工夫功労者賞として8名、創意工夫育成功労学校賞として1校が受賞されました。

元気なモノ作り中小企業300社について

 中小企業庁は、独創的で優れた技術を持ち、国内外で高いシェアを占める中小企業300社を紹介する報告書「元気なモノ作り中小企業300社」をまとめました。普段は目に触れにくい中小企業の技術を取り上げることで企業のやる気を引き出し、同時に若者にものづくりの現場に関心を持ってもらうことが狙いとのことですが、秋田県からは次の三社が紹介されています。

インスペック株式会社 (仙北市)

世界最速レベルの半導体パッケージ外観検査装置

秋田渥美工業株式会社 (横手市)

確かな加工技術と効率生産により精密自動車部品を生産

協和精工株式会社 (雄勝郡羽後町)

電界砥粒制御研磨技術によりcBN切削工具を量産

「元気なモノ作り中小企業300社」についてはこちら

2006 ワールド・エコノ・ムーブについて 

 今年で第12回目を迎えた「2006ワールド・エコノ・ムーブ」は、全国各地から大きな関心を得ており、95台がエントリーされています。規定された少量の電気(手のひらサイズのバッテリー)で、いかに効率よく走ることができるかという究極の省エネ電動カーレースです。次世代自動車として期待されている水素で走る燃料電池自動車も4年目を迎え、成熟度が増してきております。

 参加者は、学生から企業そして一般の方々まで、色々な人の知恵と情熱がはじけ飛ぶ このレースを一度ご覧ください。開催日程は次の通りです。

 5月4日(木)

  • 11:30~13:30 公式練習(燃料電池部門)
  • 15:00~17:00 公式練習(鉛蓄電池部門)

5月5日(金)

  • 9:00~ 出走式
  • 9:30~11:30 本戦(燃料電池部門)
  • 13:00~15:00 本戦(鉛蓄電池部門)
  • 16:30~  表彰式

公式ホームページ

 大潟村の菜の花も、ちょうど良い時期かと思います。

美の国あきたネットのアドレスの変更について

 このたび、秋田県の公式ホームページ「美の国秋田ネット」がリニューアルオープンし、ホームページアドレスが変更になりました。

 新しいホームページは、分野ごとに情報が掲載されるスタイルになっておりますので、これまで以上に目的の情報にたどり着きやすくなっております。

 ブックマークをされている方、リンク設定をされている方は、お手数ですが次のとおり変更願います。

(旧)http://www.pref.akita.jp/

(新)/

秋田の頑張る・元気な企業情報

 (財)あきた企業活性化センターが発行する月刊誌「Bic Akita」では、新分野進出・新商品開発・ネットワークの活用などによって積極的な経営展開を図り、市場から評価を得ている企業や新たな取り組みをしている商工業者・起業家の挑戦などを毎月紹介しています。

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  佐藤文一/菅原雅則

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)

注意事項

リンク