平成28年第2回定例会10月議会(追加提案)知事説明要旨(平成28年11月4日)

2016年11月04日 | コンテンツ番号 16085

追加提案の説明を申し上げます前に、三笠宮崇仁親王殿下のご薨去に対しまして、衷心より哀悼の意を表します。
殿下は、「全国レクリエーション大会」や「冬季国体スケート競技会」などでご来県されており、県民に親しく接せられました。
県民の皆様とともに、謹んで御霊の安らかなることをお祈り申し上げます。  
次に、追加提案いたしました補正予算案及び関連議案について説明申し上げます。
このたびの補正予算案は、国の補正予算に対応した公共事業のほか、秋田の創生を加速させる取組について計上しております。
公共事業については、農業生産基盤の強化を図る土地改良事業や防災・減災対策などに関する道路・橋りょう、河川等の事業を計上しております。
秋田の創生を加速させる取組については、県内外の大卒者等の県内就職を促進するため、インターンシップの受入企業の掘り起こしや受入体制の整備を行うとともに、Aターン協定校と県内事業所が連携した実習プログラムの策定等に対し助成してまいります。
一般会計補正額は、194億4,391万円であり、補正後の総額は、6,350億7,759九万円となります。
次に、単行議案の主なものについて申し上げます。
「平成28年度県営土地改良事業に要する経費の一部負担の変更について」及び「平成28年度都市計画事業に要する経費の一部負担の変更について」は、関係市町村の負担額の変更を行おうとするものであります。
以上、提出議案の概要を申し上げました。よろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。