秋田県土地改良事業団体連合会雄勝支部と一般社団法人雄勝建設業協会との災害協定調印式が開催されました

2016年09月15日 | コンテンツ番号 15812

平成28年9月8日に湯沢市内のホテルにおいて、湯沢市及び羽後町にある4土地改良区と1管理委員会が管理する農業用ため池や用排水路等の土地改良(農業生産)施設における、災害時の応急対策等について協定を締結しました。

各地で地震や豪雨災害が頻繁に発生し緊急時の対策が問われています。この度の協定はその大規模災害に備えた取り組みであり、同支部が管理する主要な土地改良(農業生産)施設54ヶ所について、災害発生時には互いに連携して被災状況を確認し、土地改良区等の要請により同協会の会員企業が土のうを積む等の安全対策、応急対策工事を行うことにしています。

速やかな対応により地域の安全安心が確保され、被害拡大の防止や早期の復旧が期待されます。

協定を締結した者

秋田県土地改良事業団体連合会 雄勝支部

  1. 雄勝郡山田五ヶ村堰土地改良区
  2. 羽後町土地改良区
  3. 湯沢市中央土地改良区
  4. 稲川土地改良区
  5. 秋田県雄物川筋土地改良区岩崎弁天地区維持管理委員会

一般社団法人 雄勝建設業協会

会員企業 23社

協定に基づく協力業務

  1. 被災情報の収集、連絡及び緊急を要する簡易な安全対策
  2. 被災状況の調査
  3. 重機、資機材等の調達
  4. 応急対策工事の実施
  5. その他、特に必要な業務

写真:調印式1

写真:調印式2