10月は「個別労働紛争処理制度」周知月間です

2016年09月30日 | コンテンツ番号 15710

 都道府県労働委員会と中央労働委員会では、10月を「個別労働紛争処理制度」周知月間とし、個別労働関係紛争のあっせんを一層利用していただけるよう、集中的に制度のPR活動を行います。

秋田県労働委員会では、この周知月間に次のような活動を行います。

1 街頭宣伝

平成28年10月4日(火)
午前7時30分~午前8時30分
JR秋田駅 ぽぽろーど

労働委員会委員がチラシ、ポケットティッシュを配布し、制度をPRします。
※当日は黄色のベストを着用し、のぼりを設置して活動します。

写真:街頭宣伝で着用するベスト

写真:街頭宣伝で使用するのぼり

2 県政の広報媒体を活用したPR

平成28年11月20日(日)(予定)
秋田さきがけ新聞 「あきた県広報」欄に、PR記事を掲載します。

3 コンビニエンスストアへのチラシの配置

平成28年10月上旬から10月31日
ローソン、ファミリーマートにご協力いただき、各店舗にチラシを配置します。

 個別労働関係紛争のあっせんに関するお問い合わせ、ご利用のご相談は、下記お問い合わせ先までどうぞ。

参考

中央労働委員会の報道発表(周知月間中の全国の労働委員会の取組予定などがご覧になれます。)

ダウンロード