輪ギクの花芽分化の様子

2006年03月01日 | コンテンツ番号 1495

写真:キクの花芽分化

 輪ギクの生産、特に電照栽培をするにあたって、再電照は高品質生産のために重要な技術となります。再電照の時期はマニュアルなどでも示されていますが、花芽分化の進み方は、品種や時期、温度環境によって変化します。そのため、適期を判断するためには、検鏡することが確実な方法となります。
 花芽を見るためには、ある程度の経験による慣れが必要です。これは当センターの生育環境における事例ですが、初めて検鏡する時などの参考としてご覧下さい。