急傾斜地崩壊危険区域内で制限行為をするときは

2010年10月25日 | コンテンツ番号 1293

 急傾斜地崩壊危険区域においては、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律により、水を放流し又は停滞させる行為や、切土・盛土など、急傾斜地の崩壊を助長し、または誘発するおそれのある行為について制限されており、これらの行為をしようとするときは知事の許可を受ける必要があります。
 詳しくは由利地域振興局(建設部) 用地課 用地・管理班までお問い合わせください。