PA(プログラムの特色)

2011年01月27日 | コンテンツ番号 116

PAは、現代心理学の成果を活用して体系化された、人間関係づくりに有効なプログラムで、次の3つの原則をもとに行われます。

画像:PAの効果に関する説明

体験学習サイクル

PAプログラムは、「体験学習サイクル」をもとに構成され、体験してそこで起きたこと、行動したこと、言ったことなどを話し合いによってふりかえり、自分の良さや欠点、他者との関係に気づき、日常生活へ生かしていきます。

図:体験学習サイクル模式図

フルバリューコントラクト

PAでは、プログラムに入る前に、お互いの人格を最大限に尊重したり、お互いの努力を最大限に評価したりする約束をします。これを「フルバリューコントラクト」と言います。

チャレンジバイチョイス

PAプログラムには強制はなく、挑戦レベルとその方法は、その人自身が決定します。これを「チャレンジ バイ チョイス」といいます。

体系化されたプログラム

フローチャート:体系化されたプログラム

  • 第1段階:アイスブレーク
    軽い動きを伴ったゲーム等で心をほぐす
  • 第2段階:信頼関係構築
    お互いの信頼感を築くため、やさしいものから徐々に難しいものに移る。
  • 第3段階:コミュニケーション
    信頼関係がある程度できあがったところで、お互いのコミュニケーションを探るプログラムに移る。
  • 第4段階:複合活動
    十分なコミュニケーションと信頼関係が芽ばえた段階で、勇気を出して挑戦する活動に入る。