「受動喫煙防止環境」を表示してください 表示ステッカーを貼りましょう

2016年08月26日 | コンテンツ番号 11431

 県では「秋田県受動喫煙防止対策ガイドライン」に基づく取り組みを推進するため、各施設等における受動喫煙防止状況を表示するための「表示ステッカー」を作成しました。
 表示することで、たばこの煙を避けたい人やお子様連れの方等が施設やお店に入る前に、施設内の環境を知ることができるようにするものです。

 表示ステッカーは、「禁煙」「完全分煙」「空間分煙」「時間分煙」の4種類があります。受動喫煙防止のためには、全面禁煙が最も効果的であり、分煙等は効果が十分ではありませんが、施設の規模・構造・利用状況等により、禁煙が極めて困難な場合もあります。このような場合は、段階的に適切な受動喫煙防止に取り組んでいただき、取組状況に応じたステッカー表示を施設や店舗の入口等、利用者の目のつきやすい場所に掲示してください。

 秋田県の20歳以上の喫煙率は23.5%(H25)と、たばこを吸わない方の方が多くなっております。お客様へのサービス向上のため、ぜひ、御活用ください。

  • ダウンロードファイルをシール用紙等に印刷し、御自由にお使いください。(印刷サイズの指定はありません。調整してお使いください)
  • ダウンロードしてお使いいただく他、民間事業者の方にはステッカー(サイズ約12~13㎝四方)を無料配布しています。希望される場合は、がん対策室(電話018-860-1428)までお問い合わせください。