飲食店等を利用する方へ「たばこの煙で困った気持ち」をお店に伝えやすくするための“メッセージカード”を作成しました

2016年08月30日 | コンテンツ番号 11415

お店などで、たばこの煙で困ったことはありませんか?そんな時は、このカード!

イラスト:4コマ漫画

あなたの声がお店での受動喫煙防止対策を後押しします。

カードの入手方法は次のとおりです。ぜひ、ご活用ください。

  1. カードのデータをダウンロードし、自分で印刷するカードのデータからご自由にダウンロードできます。)
  2. カード入りポスターから入手する。カード入りポスター設置場所

 ※由利本荘保健所で配布もしています。詳しくはお問い合わせください。(0184-22-4120)

気持ちを伝えることは、とても勇気がいることですが、お店で受動喫煙防止の取組を進める一番の後押しになるのはお客さんからの「声」であり、お店でもお客さんの気持ちを知りたいと思っています。(当部実施の実態調査より)

健康増進法第25条により、お店には受動喫煙防止の取組を行う努力義務がありますが、残念ながら、当地域での取組は進んでおらず、利用者が受動喫煙の健康被害を受けやすい環境にあります。

たくさんの「たばこの煙で困った気持ち」が届けば、きっとお店の方も気づいて、行動してくれるはずです。由利本荘・にかほ地域をたばこの煙で困ることのないやさしい地域にするため、ご協力をお願いします。

管内の飲食店等には、このカードが届く可能性があること、届いたら気持ちを受け止め受動喫煙防止の取組を進めるようお願いしています。

なぜ、受動喫煙防止対策が必要なの?私たちにできることってあるの?→こちらをご覧ください。