平成28年度「秋田県特別表彰」について

2016年08月29日 | コンテンツ番号 11383

秋田県特別表彰は、8月29日の県の記念日にちなみ、自発的な活動により、県政の推進に多大な功績があった企業、NPO、ボランティア等を表彰するものです。

平成28年度は、次の2団体に決定しました。

被表彰者

  • 秋田スカイフェスタ実行委員会(横手市)
  • 森子大物忌神社文化保存会(由利本荘市)

事績

(1)秋田スカイフェスタ実行委員会(実行委員長 佐々木賢祐)

  1. 平成18年から10年間活動。
  2. 県内で唯一の熱気球の祭典である「秋田スカイフェスタ」の開催等により、地域貢献活動に取り組んできた。
    1. 熱気球を活用した新しい地域づくり活動としての「秋田スカイフェスタ」を開催し、県内外の交流人口の拡大につなげている。
    2. 東北の熱気球愛好団体と協力して、熱気球係留体験の実施により東日本大震災の被災地である岩手県釜石市等に元気と笑顔を届ける活動を行っている。
    3. 熱気球が飛ぶ原理や横手市のフライト環境、熱気球の魅力について、地元の小・中学校で講話している。
写真:熱気球

(2)森子大物忌神社文化保存会(会長 多田厚)

  1. 平成21年から7年間活動。
  2. 国指定史跡「鳥海山」を構成する「森子大物忌神社境内」一帯の、保全整備及び活用に向けた取組を行っている。
    • 森子大物忌神社境内の保全整備や滝沢口登拝道の復旧等の活動を通し、文化財の保護に取り組んでいる。
    • 整備した登拝道等を活用して、鳥海山の歴史文化等を散策する「フットパス事業」等により、魅力ある地域づくりを進めている。
    • 市外に転出した若い世代に「森子大物忌神社例大祭」への参加を呼び掛けることで、地域行事の継承保存と、故郷に対する誇りや郷土愛の醸成を図っている。

授与式

平成28年8月29日(月)の「県の記念日」に、秋田県庁3階の第一応接室において、「平成28年度秋田県特別表彰授与式」が行われました。