守りたい秋田の里地里山50「阿仁戸鳥内地区」の紹介

2016年08月09日 | コンテンツ番号 11305

秋田の里地里山50とは

県では、農山村の農地が有する多面的機能を県民共有の財産として次世代に引き継ぐため、地域住民の主体的な維持管理による優れた景観に加え、自然・文化・歴史・人など多様な地域資源を活用し、環境・交流活動等にも取り組んでいる地域を、「守りたい秋田の里地里山50」として平成27年度より選定しています。

阿仁戸鳥内地区は、秋田県中央部の北秋田市阿仁に位置し、近くには阿仁熊牧場「くまくま園」や「打当温泉 マタギの湯」があります。

写真:田植後の棚田
6月15日の田植え後の田んぼの様子です。
写真:稲穂が実っている様子
昨年の9月25日に撮影した田んぼの様子です。
写真:道の駅阿仁外観
戸鳥内に行く途中に、道の駅阿仁があります。
写真:直売所全景
マタギの里らしく、熊肉、馬肉、山菜が豊富に売られています。
写真:馬肉
馬肉です。
写真:熊肉
熊肉です。
写真:トンビマイタケ
トンビマイタケです。
写真:わらび
わらびです。
写真:バター餅
北秋田市の名物「バター餅」です。
写真:棚田米
棚田で作った「お米」です。
写真:打当温泉 マタギの湯
戸鳥内の近くには、「打当温泉 マタギの湯」があります。マタギの歴史・文化などを展示している「マタギ資料館」が併設されています。
写真:マタギ小屋
マタギの湯の隣には、マタギ小屋があります。
写真:マタギ小屋の中
マタギ小屋の中の様子です。自由に入れますので、中に入ってマタギ気分を味わうのもいいかもしれません。
写真:阿仁熊牧場 くまくま園
「打当温泉 マタギの湯」からさらに山間部に行くと、「阿仁熊牧場 くまくま園」があります。

取材:平成28年5月16日、平成28年6月15日、平成28年8月4日、平成27年9月25日