水産振興センターがAABの「トレタテ!」で放映されました!

2016年07月12日 | コンテンツ番号 11228

 平成28年7月5日18:15放映の、AAB秋田朝日放送「トレタテ!」のコーナーで、水産振興センターが生放送されました。

写真:水産振興センター内容について
まずは、水産振興センターの仕事の内容について、紹介してもらいました。
 本日は主に種苗生産の現場について、紹介していただきます。
写真:ヒラメ親魚
ヒラメの種苗生産の様子を見てもらいました。覗いているのは親ヒラメの水槽です。
 親ヒラメの大きさと(全長約80cm)、稚魚の小ささ(全長約7cm)とのギャップにとても驚いていたようです。
写真:親ヒラメ
親ヒラメ
写真:ヒラメ稚魚
ヒラメ稚魚
写真:北限のトラフグ写真:トラフグ稚魚
続いてトラフグの種苗生産についてインタビューです。秋田県には北限のトラフグ産卵場があるので、「北限のトラフグ」としてPRしています。秋田でも美味しいトラフグがたくさん獲れるんですよ。右の写真のトラフグは現在約5cmで、翌日(6日)に、男鹿市羽立に約1万5千尾放流しました。大きくなって帰ってきてね。
写真:参観デー告知
8月6日(土)開催の、水産振興センター参観デーについて告知してもらいました。
皆さんもぜひいらしてくださいね。最後に、タッチ水槽でシマフグに触れてもらいました。 
写真:おそるおそる
おそるおそる・・
写真:びっくり
びっくりしたようです!

皆さん始めはびっくりしますが、すぐに慣れます。参観デーでも体験できますよ。
AABさん、本日はどうもありがとうございました。