秋田県庁産業経済労働部だより(第10号)

2005年09月30日 | コンテンツ番号 1105

発行:H17.9.28 

秋田県にゆかりの皆様へ

目次

秋田から:季節や観光の御案内

秋田の紅葉

 秋田では、現在黄金色の田んぼが広がり、稲刈りのシーズンを迎えていますが、この後10月上旬から下旬にかけて本格的な紅葉シーズンが到来します。緑豊かな秋田では、当然のことながら紅葉も県内随所で楽しむことができます。特に、清清しい外気の中で露天風呂に浸かりながら見る紅葉は格別風情があります。

 紅葉狩りや温泉を楽しんだ後は、新米で作ったきりたんぽや採れたてのキノコなどの旬の食材に舌鼓を打ち、実りの秋を堪能するのもよいかもしれません。

 皆様、この秋は是非秋田においでになってみて下さい。ここには、秋田でしか味わうことのできない、秋田ならではの旅があります。

秋田型グリーンツーリズムで心も体も健康に

 県では、温泉や農作業体験、森林浴など、農業・農村が持つ癒し資源を医療と組み合わせた新たな形のグリーンツーリズムである「あきた農山村健康院事業」を推進しています。

 この度、今年度のモデル事業を実施する田沢湖地域のプログラムがまとまり、現在モニターを募集しています。グリーンツーリズムに興味をお持ちの方、癒しを求めている方など、多数の応募をお待ちしております。

男鹿水族館GAOのシロクマ情報

 6月に男鹿水族館GAOに仲間入りしたシロクマも、現在すくすくと成長しています。

 GAOでは先般、素敵な愛称を募集していましたが、3,417件のご応募の中から皆様から親しまれ呼びやすい、入手経緯の国際性を感じさせるものという選考基準で、「豪太」という愛称に決まりました。

シロクマの名称について
名前 豪太(ごうた)
意味・由来 オーストラリア(豪州)とのかけ橋。
おとなになると豪快になる

観光イベント情報

観光イベント情報
平成17年10月 4日(火) 新日本百名山選定記念講演会秋田市
平成17年10月 8日(土)
     ~10月 9日(日)
本場大館きりたんぽまつり (大館市)
平成17年10月14日(金)
     ~10月17日(月)
第13回川連塗りフェア2005 (湯沢市)
平成17年10月15日(土)
     ~10月16日(日)
第18回全国ジャンボうさぎフェスティバル (大仙市)
平成17年10月27日(木)
     ~11月 8日(火)
第37回よこて菊まつり (横手市)
平成17年11月 3日(木)
     ~11月 6日(日)
第36回全国ごてんまりコンクール (由利本荘市)
平成17年11月 5日(土)
     ~11月 6日(日)
第6回ふるさと特産品コンクール (横手市)
平成17年11月 7日(月)
     ~11月 8日(火)
霜月神楽(しもつきかぐら)大森町

関連リンク

秋田の旬の観光情報「あきたファン.ドットコム」

  • あきたファン.ドットコム

その他の観光情報や「花まるっニュース」は、こちらでもご覧になれます。

秋田県イベント情報

 秋田県では、産業経済や雇用等に関する具体的な情報発信と新たな人的ネットワークづくりを目指して、各種セミナーなどを開催しています。

地場産品・特産品海外セミナー

 県では、秋田の優れた地場産品・特産品の海外進出促進を図るため、独立行政法人中小企業基盤整備機構との共催で「地場産品・特産品海外セミナー」を開催します。本セミナーは、世界最大の消費大国アメリカ合衆国をターゲットとした内容となっておりますが、地場産品・特産品の海外販売に焦点を当てたセミナーは全国的にも珍しく、秋田では初の開催ですので、この機会を是非ご活用ください。

地場産品・特産品海外セミナー
日時 平成17年10月7日(金)
 午前9時30分~12時(セミナー)
 午後1時~(希望者無料相談会)
場所 ■セミナー
 秋田県議会棟1階 大会議室
■希望者無料相談会
 秋田県庁第2庁舎1階 企業活性化センターブース
講師 リップシャッツ信元夏代 氏
(アスパイアインテリジェンス社代表)

吉田道彦 氏
(中小企業基盤整備機構経営支援専門員)
申込期限 平成17年10月5日(水)
(無料相談会は9月30日まで)
問合せ先 秋田県産業経済政策課 活き活き物産応援チーム
電 話 018-860-2294
FAX 018-860-2256

秋田の伝統的工芸品が一堂に~「かくのだて展」開催

 秋田県を代表する伝統工芸品を広く県内外の観光客に紹介する「秋田の伝統工芸品展」を仙北市角館町を会場に開催します。
 展示販売されるのは国の伝統的工芸品指定の「樺細工」「川連漆器」「大館曲げわっぱ」「秋田杉桶樽」並びに県指定の「秋田銀線細工」です。
 展示販売と併せて試作出品(非売品有り)も予定しており、産地に足を運ばなければなかなか求められない逸品を種類豊富に用意しておりますので、是非ご来場下さい。

かくのだて展
日時 10月8日(土)~10日(祭) 午前9時~午後5時
会場 仙北市角館町表町下丁10-1 角館町樺細工伝承館
主催、
問い合わせ
秋田県伝統的工芸品産業振興協議会
事務局(活き活き物産応援チーム内)
電話 018-860-2256

エコタウンフェスタin大館・小坂

 県では、この度大館市・小坂町と共同で、資源循環型産業による新しい都市づくりに向けて、環境リサイクル事業の紹介や資源循環型産業の展開における樹海ライン(※)の重要性、大館市の目指す環境先端都市像などをアピールする環境展を、「エコタウンフェスタin大館・小坂」と題し、第8回大館圏域産業際の開催に併せて開催します。環境リサイクル産業に興味がある方は是非ご参加下さい。

 ※大館市と小坂町を繋ぐ道路の名称

エコタウンフェスタin大館・小坂
期日 平成17年10月28日(金)~10月30日(日)
主催 秋田県・大館市・小坂町
問い合わせ先 資源エネルギー課エコタウン班
電 話 018-860-2283
FAX 018-860-3814

詳細についてはこちらをご覧下さい

「秋田ソフト産業展2005」の出展企業募集

 秋田県内のソフト関連業界にスポットを当て、その優れた実力を知っていただく機会を提供するため、次のとおり展示会を開催します。貴社の優れた技術製品の紹介とアイデアの提案、また、ビジネスチャンスの場として是非ご活用下さい。

秋田ソフト産業展2005
開催日時 平成17年11月22日(火)13:00~17:00
開催場所 秋田ビューホテル(秋田市中通2-6-1)
主催 財団法人 あきた企業活性化センター
募集先数 20社
募集対象 秋田県内に事業拠点があり、ソフト開発やシステム開発を行っている中小企業または個人事業者で、展示できる製品等があること。
出展料
(1小間)
無料(但し、特別費用を要する展示等は出展者の負担となります。)
申込み
締め切り
平成17年10月5日(水)
問い合わせ先 財団法人 あきた企業活性化センター
事業推進グループ 創業・経営革新推進担当
電話 018-860-5702

産業経済労働部課室長ペンリレー


 このコーナーでは、秋田県産業経済労働部の課室長が、担当業務に関連したトピックをご紹介していきます。

「秋田県経済交流視察団」中国訪問を終えての所感

副知事(左)と吉林省人民政府省長との会談

大連市街の様子

 産業経済政策課長の佐藤文男です。

 去る8月22日から27日まで、西村副知事を団長とする「秋田県経済交流視察団」の一員として、中国の吉林省の長春市と遼寧省の大連市を訪問しました。

 この訪問では、吉林省人民政府省長や大連市長を初めとする現地政府の代表のほか、商務、外事弁、貿易関係機関の方々と会談し、友好の継続と、更なる経済交流の推進を確認し、10数年来の交流を基に、担当者同士が電話やメール等で緊密に連絡し合える関係も構築され、大変意義あるものとなりました。

 続きはこちらをご覧下さい。(環日本海交流時代において本県がもつ大きな可能性と県の取り組み等について)

産業経済労働政策情報

 秋田県産業経済労働部では、県内外の企業の皆様にとって魅力的な県となるよう、各種の施策を行っています。

「重点企業導入促進助成事業」補正予算について

 県では、施策上特に必要と認められ、県内企業にも影響を与えうる重点企業の立地を促進し、雇用機会の拡大と本県経済の活性化を図るため、重点企業導入促進助成事業により企業が設備投資等に要する費用の一部を助成しています。
 この度、新たに次のとおり助成することとし、9月定例県議会に補正予算案を上程しましたのでお知らせします。

補正予算額 568,000千円

企業名 区分 事業内容
「重点企業導入促進助成事業」補正予算
特殊工作 株式会社 増設 高度技術等 自動車エンジン用ラバーガスケット、
自動車用オイルシールの製造
株式会社 丸和製作所 新設 高度技術等 フレキシブルプリント配線基板の製造
株式会社 グラノプト 新設 高度技術等 希土類鉄ガーネット単結晶(光デバイス部品)の製造
有限会社 アリエス 増設 基盤業種型 金属プレス、レーザー加工による精密機械部品、
印刷機械部品の製造
株式会社 森井製作所 増設 高度技術等 輸送用機械部品(エンジン用自動車部品等)の製造

「企業誘致専門監」の採用について

 県では、先端技術を持つ産業や情報サービス産業をはじめとする企業の誘致とともに、誘致済み企業に対するアフターケアを積極的に行うため、民間企業での高度な専門知識と実業界における実務経験を有する者を企業誘致専門監として任期付きで採用することとし、先般公募したところです。

 この度、次のとおり採用者を選定しましたのでお知らせします。

企業誘致専門監
採用予定者 大坪 義明
前歴 (株)ニコン
  電子画像生産技術課 マネージャー
  映像C開発統括部 主幹研究員(プロジェクトリーダー)
採用期間 3年間(平成17年10月1日~平成20年9月30日)
活動内容
  1. 独自の人脈を活用した企業誘致
  2. 民間経験を活かした企業誘致・フォローアップ活動
  3. 企業誘致計画策定及び誘致活動に対する助言
  4. 企業動向、企業ニーズの変化等の情報収集に対する助言、情報提供
  5. 室長、東京産業観光センター所長も含めた職員等への助言

「第1回産業経済労働部指定管理者(候補者)選定委員会」の選定結果について

 産業経済労働部で所管する15の公の施設のうち、今回7施設の指定管理者について公募を行ったところ、6施設に対し9応募者があり、9月13日、産業経済労働部指定管理者(候補者)選定委員会で選定を行った結果、次の者を指定管理者の候補者としました。

 残りの8施設のうち公募対象の5施設については、10月以降に開催予定の選定委員会で選定することとしております。

施設名 応募者数 指定管理者の候補者
今回の選定結果
勤労身体障害者スポーツセンター (社)秋田県雇用開発協会(秋田市)(現)
金属鉱業研修技術センター (株)パークシティ(小坂町)(現)
男鹿オートキャンプ場 (株)おが地域振興公社(男鹿市) (現)
田沢湖オートキャンプ場 商栄(株)(大仙市)
八幡平オートキャンプ場 (有)秋田八幡平リゾート(鹿角市)
宮沢海岸オートキャンプ場 (株)わかみ観光物産開発(男鹿市) (現)

 備考
由利高原オートキャンプ場については、応募者なし。
(現)は現在の管理受託者

次回の選定委員会について
選考施設
  • 十和田湖観光宿泊センター
  • ふるさと村(近代美術館を除く)
  • 大潟スポーツ宿泊センター
  • 秋の宮山荘
  • 鳥海観光宿泊センター
開催時期 平成17年10月以降
今後のスケジュール
平成17年10月~11月 指定管理者の候補者との協議
平成17年12月議会 指定管理者の指定の議決
平成18年 1月 指定管理者の指定の公告
平成18年 2月 利用料金の承認、公告
平成18年 4月 業務の開始

秋田県産業振興プラザ「創業支援室」の入居者募集について

 (財)あきた企業活性化センターでは新規創業者等の支援施設として設置されている「創業支援室」の入居者を募集しています。この創業支援室は秋田市内中心部、秋田県庁第2庁舎3階という絶好の環境にあり、入居者はインキュベーション・マネージャーによる適切なアドバイスや指導を受けることができます。概要は次のとおりです。

所在地

秋田市山王3-1-1(秋田県庁第二庁舎)
産業振興プラザ3階(JR秋田駅から車で約5分)

室数・面積・使用料及び募集室数

室数・面積・使用料及び募集室数
室名 面積 月額使用料 今回の募集室数
創業支援室A 17~22平方メートル 21,000円 3室

使用料の他に電気料等を負担して頂きます。
また、電話は自己設置です。

入居対象企業

新規創業者(創業後5年を経過していない個人、法人を含む)、組織化、共同化及び組織変更を行おうとする方

設備

インターネット回線や大型プリンタ等を設置

申込受付期間

平成17年9月30日(金)~平成17年10月31日(月)

11月中旬の審査会により審査のうえ、11月下旬頃までに入居決定を行います。12月1日より入居可能予定となっております。

募集に関するご質問、お問い合わせ

(財)あきた企業活性化センター事業推進グループ
創業・経営革新推進担当
電話 018-860-5702
Bic Akita

「平成16年秋田県観光統計」について

 県では、今後の観光行政施策等に役立てることを目的として、毎年観光統計調査を行っています。

 このたび、平成16年(暦年)の秋田県観光統計(秋田県観光客入込・動態調査)がまとまりましたのでお知らせします。

関連情報のご案内

秋田の頑張る・元気な企業情報

 (財)あきた企業活性化センターが発行する月刊誌「Bic Akita」では、新分野進出・新商品開発・ネットワークの活用などによって積極的な経営展開を図り、市場から評価を得ている企業や新たな取り組みをしている商工業者・起業家の挑戦などを毎月紹介しています。

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  佐藤文一/菅原雅則

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)

注意事項

リンク