秋田県庁産業経済労働部だより(第9号)

2005年08月31日 | コンテンツ番号 1101

発行:H17.8.24 

秋田県にゆかりの皆様へ

目次

秋田から:季節や観光の御案内

秋田の滝

 秋田には、山々と豊かな水によって生み出される数多くの滝があり、実にさまざまな特徴を有しています。また、滝は季節や気候、水量など、見る時々によってその表情を変えます。

 今回は、皆様に秋田の代表的な滝のいくつかをご紹介します。

 この他にも、秋田には魅力的な滝がたくさんあります。

秋田の名水

六郷湧水群

 秋田には、世界遺産の白神山地に代表されるように豊かな緑があり、それと同時に、その緑豊かな大地や川、湖が湛える豊富な水があります。そんな「水と緑の秋田」には多くの湧き水がありますが、中でも名水として有名なのが、美郷町の「六郷湧水群」と湯沢市の「力水」で、いずれも環境省の名水百選にも選定されています。

観光イベント情報

観光イベント情報
平成17年 9月 3日(土)
     ~ 9月 4日(日)
第24回十和田湖国境祭小坂町
平成17年 9月 7日(水)
     ~ 9月 9日(金)
角館祭りのやま行事 (角館町)
平成17年 9月10日(土)
     ~ 9月11日(日)
あきた麺まつり(横手市)
平成17年 9月21日(水) 院内銀山まつり(湯沢市)
平成17年10月 2日(日) たかのす太鼓まつり北秋田市
平成17年10月10日(月)
     ~11月 3日(木)
抱返り紅葉祭 (田沢湖町)
平成17年10月10日(月)
     ~11月 3日(木)
きみまち阪公園紅葉まつり二ツ井町
平成17年10月15日(土)
     ~10月23日(日)
法体の滝紅葉まつり(由利本荘市)

関連リンク

秋田の旬の観光情報「あきたファン.ドットコム」

  • あきたファン.ドットコム

その他の観光情報や「花まるっニュース」は、こちらでもご覧になれます。

産業経済労働政策情報

 秋田県産業経済労働部では、県内外の企業の皆様にとって魅力的な県となるよう、各種の施策を行っています。

「東南アジア日系百貨店バイヤー招聘海外販路拡大商談会」について

 県では、平成15年に北海道・北東北3県合同でシンガポール事務所を開設しておりますが、昨年度に引き続き、県内企業とシンガポール企業との商取引の拡大を目的として、シンガポールの日系百貨店のバイヤーを招聘しての商談会を青森市で開催します。

 東南アジア地域とのビジネスをお考えの方は、是非ご検討下さい。

東南アジア日系百貨店バイヤー招聘海外販路拡大商談会
日時 平成17年10月11日(火)~12日(水)
午前9時~午後5時
場所 青森県観光物産館(アスパム)
青森市安方1丁目1-40
申込期限 平成17年9月2日(金)
問合せ先 秋田県産業経済政策課 貿易班 古畑・小松
電話 018-860-2219

「シンガポール商談会」について

 県では、同じく県内企業とシンガポール企業との商取引の拡大のため、ジェトロ・シンガポール主催の「ジェトロ・ビジネスセミナー」に併せて現地商談会を開催し、県産品の売り込みを図るとともに、現地企業とのパイプを一層強固なものとしたいと考えています。

 東南アジアへの進出・商圏拡大等を検討されている方は、是非この機会を活用下さい。

シンガポール商談会
日時 平成17年11月9日(水)
午前9時~午後3時
場所 Stamford Ballroom,
Raffles Convention Centre(シンガポール)
対象業種 食料品製造業(日本酒、麺類など)、
農産品(りんごなど)他
申込期限 平成17年9月2日(金)
問合せ先 秋田県産業経済政策課 貿易班 古畑・小松
電話 018-860-2219

「台湾・香港への市場調査・商談ミッション」の派遣について

 県及び(社)秋田県貿易促進協会では、このたび「県産農産物・食品輸出促進事業」の一環として、台湾・香港への市場調査・商談ミッションを派遣します。

 農産物や食品の販路拡大に御関心のある方は、当ミッションへ御参加のうえビジネスマッチングの機会を積極的に御活用ください。また、農産物・食品以外で台湾・香港との商取引に御関心のある方につきましても、御相談に応じますので是非御検討下さい。

台湾・香港への市場調査・商談ミッション
期間 平成17年10月3日(月)~10月9日(日)
訪問地 台湾台北市、香港特別行政区
(どちらか一方のみの参加も可)
申込期限 平成17年9月7日(水)
問合せ先 秋田県農林水産部流通経済課(三浦)
  電話 018-860-1767

秋田県産業経済政策課(門間)
  電話 018-860-2219

(社)秋田県貿易促進協会(浅野)
  電話 018-896-7366

「秋田花まるっ観光振興プラン〈改訂版〉」素案に対する御意見について

 県では、「秋田花まるっ観光振興プラン」を平成11年度に策定しましたが、昨今の社会経済情勢や観光ニーズの変化に対応し、県内の優れた観光資源を活かしたより効果的な観光振興を推進するため、同プランを見直すこととし、本年5月から検討を重ねてまいりました。

 このたび、「秋田花まるっ観光振興プラン〈改訂版〉」の素案が完成し、広く皆様から御意見を伺うこととしましたので、忌憚のない御意見をお寄せくださるようお願いします。

意見等の提出期間
平成17年8月12日(金)~平成17年9月11日(日)

秋田県イベント情報

 秋田県では、産業経済や雇用等に関する具体的な情報発信と新たな人的ネットワークづくりを目指して、各種セミナーなどを開催しています。

第25回秋田県特産品開発コンクール

第24回(平成16年)受賞作品(知事賞)

 県では、県内の特産品の振興を図るため、毎年特産品開発コンクールを開催しています。現在、平成19年の「わか杉国体」や平成20年の「全国植樹祭」を目前に、秋田の物産を開発・PRするまたとないチャンスが到来しています。

 このコンクールから、明日の秋田を代表する特産品が生まれることを期待し、皆さまの積極的なご応募をお待ちしております。

第25回秋田県特産品開発コンクール
主催 秋田県、(財)秋田県物産振興会、(社)発明協会秋田県支部
応募資格 秋田県内に事業所を有する、企業・組合・各種団体・グループ及び個人
募集内容
  • 加工食品及び民工芸品
  • 販売可能な1年以内に新たに開発された商品(過去に生産・販売・応募したものに改良を加えたものも応募できます)
  • 県内で製造・加工又は最終工程が県内
応募期限 平成17年9月24日(土)
審査 平成17年10月21日(金)
表彰式 平成17年11月22日(火)
入賞作品については、カタログを作成し広く配布するとともに、アトリオンや東京・大阪・福岡のアンテナショップで販売します
問合せ先 (財)秋田県物産振興会
電話 018-836-7830

物産展等の情報

第2回 東北三県の物産展

平成17年9月14日(水)~9月19日(月)
午前10:00~午後7:30

「まるひろ百貨店 川越店」
 埼玉県川越市新富町2-6-1  電話 049-224-1111

 青森・秋田・山形の日本海側三県の魅力を皆様にお伝えするための物産展を開催します。各県の特産品がいっぱい詰まった「ふるさとお買い得袋」を1,000円(税込)で各県先着100名様に販売します。

主催 「秋田県の観光と物産展実施協議会」

第9回 秋田物産展

平成17年9月28日(水)~10月3日(月)
午前10:00~午後7:30

「まるひろ百貨店 入間店」
 埼玉県入間市豊岡1-6-12  電話 04-2963-1111

 秋田の物産を広く首都圏の皆様に知っていただくため、第9回目の物産展を開催します。
 初日には、秋田の特産品が入った「得袋」が1,000円でお買い求めいただけます(先着200名様)。

主催 「秋田県の観光と物産展実施協議会」

関連情報のご案内

「研究開発型ベンチャー技術開発助成事業」の採択について

 このたび、本県から応募した1件が、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成17年度第1回「研究開発型ベンチャー技術開発助成事業」として採択されましたのでお知らせします。

研究開発型ベンチャー技術開発助成事業
事業名称 高安全性・高稼働率・風車効率を向上した新型マグナス風車の開発
申請者 株式会社 メカロ秋田
事業概要  従来型風車の翼の代わりに、マグナス効果により高揚力を発生させる回転円柱を採用する。これにより、円柱構造の強靭さと回転円柱の電源遮断で風車旋回を停止でき、安全性が極めて高く広範囲な用途に実用化することで、総発電量の向上・発電安定性・地球温暖化防止に貢献できる。
 また、稼動風速域の広さから、高稼働率・高風車効率・低発電コストで年間発電量が向上した実用型風車を開発し事業化する。

  なお、この助成事業は、経済社会の持続的な発展を達成するため、産業技術力を強化し、社会的ニーズに対応する技術課題への重点的な取り組みを促進し、新市場の開拓を可能とする技術開発成果を実用化して社会に普及する事を目的としています。

秋田の頑張る・元気な企業情報

 (財)あきた企業活性化センターが発行する月刊誌「Bic Akita」では、新分野進出・新商品開発・ネットワークの活用などによって積極的な経営展開を図り、市場から評価を得ている企業や新たな取り組みをしている商業者・起業家の挑戦などを毎月紹介しています。

 また、本号でご紹介している、秋田マグナス協会の記事もあります

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  佐藤文一/菅原雅則

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)

注意事項

リンク