秋田県庁産業経済労働部だより(第8号)

2005年07月29日 | コンテンツ番号 1100

発行:H17.7.22

秋田県にゆかりの皆様へ

目次

秋田から:季節や観光の御案内

日本の原風景~秋田の田園

 秋田には、日本の原風景とも呼ぶべき豊かな自然や伝統文化、温かい人情など、古き良き日本がまだまだ残っています。その中のひとつが、のどかな田園風景です。

 米どころ秋田も現在夏真っ盛りですが、今年は、この7月末から8月の上旬にかけてが水稲の出穂時期と予測されています。出穂すると間もなく、白くて小さい稲の花が咲き始めますが、わずか2時間ほどで受粉が行われ、受粉後その花はすぐに閉じてしまいます。

 やがて一直線に伸びた稲穂がその重みで頭を垂れ、一面が黄金色に染まる10月頃に、収穫の秋を迎えます。

秋田の田園風景:農山村振興課HPより(6月中旬撮影)

秋田の田園風景:農山村振興課HPより(7月中旬撮影)

稲の花:農業試験場HPより 刈入れ前の田んぼ

 秋田には、お米の他にも綺麗な空気や豊かな水、伝統技術などによって育まれた、地酒などの優れた特産品が数多くあります。今年度設置した「活き活き物産応援チーム」では、そんな秋田の特産品情報を全国、世界に向けて発信しています。

秋田の夏のお祭りについて

 秋田では、8月に数多くのお祭りが開催されますが、中でも、「竿燈まつり」は東北三大祭りのひとつとして有名です。このお祭りは約360年ほど前から伝わる祭りで、厄よけ、みそぎ、五穀豊穣を祈願したものと言われており、光に彩られた竿燈が立ち並ぶ様はまさに黄金色の「稲穂」のようです。

 このほか、秋田の夏にはまだまだ魅力的なお祭りがいっぱいです。

秋田の夏のお祭り
平成17年8月 3日(水)
~8月 6日(土)
竿燈まつり秋田市
平成17年8月 6日(土)
~8月 7日(日)
能代ねぶながし (能代市)
平成17年8月15日(月)
~8月16日(火)
送り盆まつり (横手市)
平成17年8月16日(火)
~8月18日(木)
西馬音内盆踊り羽後町
平成17年8月18日(木)
~8月20日(土)
一日市盆踊り (八郎潟町)
平成17年8月19日(金)
~8月20日(土)
花輪ばやし (鹿角市)
平成17年8月21日(日)
~8月23日(火)
毛馬内盆踊り (鹿角市)
平成17年8月27日(土) 第79回全国花火競技大会大仙市
平成17年8月28日(日) 大名行列 (湯沢市)

関連リンク

秋田の旬の観光情報「あきたファン.ドットコム」

  • あきたファン.ドットコム

その他の観光情報や「花まるっニュース」は、こちらでもご覧になれます。

産業経済労働政策情報

 秋田県産業経済労働部では、県内外の企業の皆様にとって魅力的な県となるよう、各種の施策を行っています。

「企業誘致専門員」の民間からの公募について

 県では、先端技術や情報関連、その他成長が期待される分野の企業誘致と、誘致企業が本県で更に発展するための支援を積極的に行っております。

 このたび、この企業誘致活動やフォローアップを展開する上で、民間企業での高度な専門知識や幅広いネットワークを活かして、秋田県の産業の発展のために御活躍いただける方を「企業誘致専門員」として、任期付きで募集することとしました。

募集期間:平成17年7月16日(土)~平成17年8月5日(金)

「産学官技術開発実用化事業補助金」について

 大学及び公設試験研究機関との共同研究による県内企業等の新製品、新技術開発に対する取り組みについて、その事業に要する経費の一部を補助します。現在、第2回目の募集をしています。

第2回募集期間
平成17年7月1日(金)~平成17年8月31日(水)

「独創的創業支援補助金」について

 県内における新たな企業の創出を促進し、地域経済の発展と雇用の確保を図るため、平成17年度中の新規創業を目指している起業家の方の、創業に要する経費の一部を最高300万円まで助成します。 現在、第2回目の募集をしています。

 第2回募集期間平成17年7月1日(金)~平成17年8月31日(水)

広域的新事業支援ネットワーク拠点重点強化事業の採択について

 このたび、平成13年度より経済産業省が推進している「産業クラスター計画」の中核的役割を担っている推進組織と連携し、さらなるネットワーク強化を図っていく地域の拠点として、本県が応募した次の2件が採択されました。 

情報・生命・未来型ものづくり産業プロジェクト

情報・生命・未来型ものづくり産業プロジェクト
事業実施者 (財)あきた企業活性化センター
対象地域 秋田県全域
対象分野 ライフサイエンス分野
事業銘 「次世代医療システムの開発」に向けたネットワーク拠点重点強化事業
事業概要 秋田県を中心に進められてきた臨床DNAチップの製造技術を活かし、北東北地域に拡大した産学連携によるテーラーメード医療向け機器等の実用化と次世代医療ニーズに対応したシステム等の開発を通じて競争力のある産業集積を目指す。

循環型社会対応産業振興プロジェクト

循環型社会対応産業振興プロジェクト
事業実施者 (財)秋田県資源技術開発機構
対象地域 秋田県北部エコタウン地域
対象分野 資源リサイクル分野
事業銘 資源リサイクル産業クラスター形成事業
事業概要 秋田県北部は鉱業、林業等で培われた製錬技術、リサイクル技術、廃棄物処理技術、木材加工技術などが集積しており、企業が主体となってエコタウン事業が進められている。こうした資源、技術、人材を有する意欲のある企業、研究機関、大学等をネットワークで結び地域が結集することで、廃棄物等の原料から地域の優れた技術を活かして製品化する資源リサイクルを推進して産業クラスターを形成し、新産業の創出を目指す。

多様な働き方導入支援アドバイザー派遣制度について

 働き方に対する価値観の多様化等の中で、仕事と家庭の両立ニーズや女性・高齢者の就業意欲が高まっています。また、少子・高齢化への対応や企業の経営効率の向上の観点からも、性や年齢にかかわらず、一人一人の価値観やライフステージに応じて、その意欲と能力を十分発揮できる雇用環境が求められています。

 県では、ライフスタイルに応じた働き方の実現を目指して、ワークシェアリングや多様な働き方の導入を検討する企業の皆様に対する支援として、アドバイザー(社会保険労務士)を派遣します。料金は無料ですので、お気軽にお申し込みください。

秋田県イベント情報

 秋田県では、産業経済や雇用等に関する具体的な情報発信と新たな人的ネットワークづくりを目指して、各種セミナーなどを開催しています。

新エネフェスタin大潟について

 新エネルギーの普及啓発のため、大潟村のワールド・ソーラーカーラリー開催期間中に「新エネフェスタin大潟」と題して、燃料電池をはじめとする新エネルギーの祭典を開催します。 今回、経済産業省の水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)の協力により、最新の燃料電池自動車の試乗会のほか、移動式水素ステーション見学会、燃料電池自動車こども体験教室が行われます。また、「ワールド・ソーラーカーラリー」との会場を燃料電池シャトルバスが運行します。

新エネフェスタin大潟
日時 平成17年7月30日(土)~31日(日)
会場 サンルーラル大潟前駐車場住所 秋田県南秋田郡大潟村北1-3
お問い合わせ先

秋田県産業経済労働部資源エネルギー課

調整・エネルギー班

電話:018-860-2281

秋田県合同就職面接会について

 県では、平成18年3月に県内外の大学、 短期大学、高等専門学校及び専修学校等を卒業予定の学生と県内企業に対して、今年最後となる面接選考の機会を設け、学生の県内就職の促進と県内企業の人材確保を支援します。また、平成17年3月以前に大学等を卒業した学生の面接選考の機会も併せて設けます。 現在、参加企業を募集しておりますので、参加希望企業は、「合同就職面接会」実施要領を踏まえて、8月10日(水)までにお申し込みください。

秋田県合同就職面接会
日時 平成17年9月7日(水)午後1時~5時(受付は正午から)
会場 秋田ビューホテル 4階「飛翔の間」住所 秋田市中通2-6-1電話 018-832-1111

関連情報のご案内

秋田ふるさと企業ふれあいネットについて

 「ふるさと企業ふれあいネット」は、秋田県内の企業と秋田県に就職を希望する方を双方向で結び、ふれあうことができるネットワークシステムです。

 「県内企業の企業概要及び求人情報」と「県内就職を希望する方の求職者情報」を各自がそれぞれ自由に登録し、その情報をデータベース化しているため、誰でも自由に検索・閲覧することができます。

秋田の頑張る・元気な企業情報について

 (財)あきた企業活性化センターが発行する月刊誌「Bic Akita」では、新分野進出・新商品開発・ネットワークの活用などによって積極的な経営展開を図り市場から評価を得ている企業や、新たな取り組みをしている商業者・起業家の挑戦などを毎月紹介しています。

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  佐藤文一/菅原雅則

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)

注意事項

リンク