六郷東根 小水力発電所の発電開始式が行われました

2016年05月24日 | コンテンツ番号 10976

六郷東根小水力発電所は、一級河川雄物川水系丸子川に設置されている関田頭首工から関田円形分水工を経た、六郷東根幹線用水路の上流部に設置されています。

画像 : 縦軸スクリュー水車の内部構造図 / 縦軸方向にプロペラ水車と発電機を直結し水路から落下する流水で発電機を回転させて発電します。
幹線用水路の約100m区間に3カ所の落差工がありましたが、用水路の敷設替えにより落差を一カ所にまとめ、2.8mの落差から落ちる水により水車を回し、発電します。

農業用水を活用した「マイクロ小水力発電施設(発電出力100kW以下)」は県内初となります。
画像 : 農業用水を活用した「マイクロ小水力発電施設(発電出力100kW以下)」の概要図 / 小水力発電施設は二酸化炭素の排出削減に貢献しています。

最大発電出力は11kWで、年間発電量は一般家庭16世帯分相当の5.7万kWhを見込んでいます。
生み出された電力は電力会社に売電され、秋田県仙北平野土地改良区が管理する農業用施設の維持管理費に充てられます。

5月20日に開催された発電開始式の様子です。

画像 : 発電開始式の様子1 画像 : 発電開始式の様子2 画像 : 発電開始式の様子3 画像 : 発電開始式の様子4

画像 : 発電開始式の様子5
農業用水路は水田を潤すだけではなく、環境に負荷をかけないクリーンなエネルギーを生み出すこともできます。