平成29年度安全・安心な雪下ろし支援事業について

2017年04月10日 | コンテンツ番号 10931

県では、雪下ろしの安全対策や負担軽減を目的とした住宅の改修工事を行う方に対して補助金を交付します。

事業名称

安全・安心な雪下ろし支援事業

申請条件

対象者

県内の特別豪雪地帯を含む市町村にお住まいで次のいずれかに該当する方

  1. 65歳以上の方
  2. 身体障害者手帳の交付を受けている方
  3. 上記いずれかの方と同居する方

※特別豪雪地帯を含む市町村
鹿角市・大館市・北秋田市・上小阿仁村・藤里町・由利本荘市・大仙市・仙北市・美郷町・横手市・湯沢市・羽後町・東成瀬村

 

対象住宅

対象者が居住する一戸建て住宅

 

対象工事

次の5万円以上の工事

  1. 雪下ろし作業時の安全を確保するための工事(命綱の固定金具の設置等)
  2. 屋根からの落雪を防止するための工事(雪止めの設置等)
  3. 屋根に融雪装置を設置する工事
  4. 消雪・融雪敷設工事(ロードヒーター等)

※4のみでの申請は対象としません。
※屋根の形状変更は対象外です。

補助率

対象工事費の2分の1(上限額10万円)

申請期間

平成29年4月17日(月)~予算がなくなり次第、受付を終了します。

申請手続

別添チラシ裏面をご覧ください。

留意事項

  • 原則、先着順で補助の対象者を決定します。
  • 本事業の補助を受けたことがある世帯は対象となりません。
  • 平成30年3月30日(金)までに、実績報告書を提出できる工事が対象となります。
  • 既に実施している工事や完了した工事は対象となりません。
  • 県の住宅リフォーム推進事業との併用はできません。
  • 市町村のリフォームに関する補助事業との併用は可能です。
  • アンケート調査など、県の事業について協力をお願いする場合があります。

ダウンロード