「秋田県災害多言語支援センターの設置・運営に係る協定締結」のお知らせ

2016年05月10日 | コンテンツ番号 10894

県と公益財団法人秋田県国際交流協会は、県内に大規模災害が発生した場合に外国人を災害弱者としないことを目的に、秋田県災害多言語支援センターの設置・運営に係る協定を5月10日に締結しました。

協定の概要

県内で大規模災害が発生した場合に、外国語による情報提供及び外国人支援のための包括的な活動拠点となるセンターを設置・運営する。

センターの役割

  1. 行政機関等が発する災害情報の多言語翻訳及び発信
  2. 外国人の状況やニーズを把握するための電話及び窓口での対応
  3. 外国人の避難状況及び避難所の実態把握のための巡回

設置場所

秋田市中通2丁目3番8号 アトリオン1階
(公益財団法人秋田県国際交流協会の事務所内)

運営

センターの運営は公益財団法人秋田県国際交流協会が行う。

県の業務

  1. センターへの人員派遣、その他の運営協力
  2. センターと秋田県災害対策本部及び外部機関(外国公館、報道機関等)との連絡調整、情報提供

詳しくは、以下のダウンロードリンクをご覧ください。

ダウンロード