県北地区広域汚泥資源化事業について

2017年05月26日 | コンテンツ番号 10833

 

大館処理センター

目的

「秋田県県北地区広域汚泥資源化事業」は、県北地区の生活排水処理汚泥(下水、くみ取りし尿、浄化槽、農集排等)から資源化物を製造し、有価にて供給するものであり、継続的な汚泥処理形態を維持すると共に、資源化物を長期的及び安定的に製造、供給することにより、循環型社会の構築に貢献することを目的としています。

 

事業の内容

  • 本事業は、米代川流域下水道大館処理センターで引き渡される3市3町1組合から発生する脱水ケーキ等を原料として、資源化物を製造し、長期間、安定的に供給するものであり、本施設の設計・施工及び維持管理・運営をDBO(Design:設計Build:施工Operate:管理運営)方式で行うものです。

  • 施設の維持管理・運営期間は20年間とします。

落札者との契約締結等について公表(平成29年5月26日)

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業における特定調達契約の締結内容及び総合評価落札方式一般競争入札の審査結果について公表しました。

落札者の決定(平成28年12月16日)

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業の入札の結果、落札者を決定しました。

資格審査以外に関する質問回答の公表(平成28年8月24日) 

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業の入札公告等のうち、資格審査以外に関する事項の質問回答を公表しました。

また入札参加有資格者に対し、資格審査の結果と募集要項(第二部)を同日付で送付しました。

資格審査に関する質問回答の公表(平成28年7月29日)

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業の入札公告等のうち、資格審査に関する事項の質問回答を公表しました。

入札公告等の公表(平成28年7月19日)

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業の入札公告、入札説明書、落札者決定基準等を公表しました。

実施方針・要求水準書(案)に係る質問回答の公表(平成28年6月13日)

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業の実施方針・要求水準書(案)に対する質問回答を公表しました。

実施方針ならびに要求水準書(案)の公表(平成28年4月25日)

 秋田県県北地区広域汚泥資源化事業の実施方針ならびに要求水準書(案)を公表しました。

ダウンロード