延辺朝鮮族自治州への訪問について

2016年03月03日 | コンテンツ番号 10545

秋田商工会議所が参加・実施している「日・中・露三カ国地域経済交流会議」(平成27年10月28日~29日)が、今年度は延辺朝鮮族自治州延吉市で開催されたことから、県では、この会議に同席すると共に、延辺州政府の外事僑務辨公室(国際部門)や図們江(トモンコウ)地区開発辨公室などと意見・情報交換を行いました。

延辺州では、琿春~ザルビノ(トロイッツア)港~釜山港という物流ルートが確立し、2015年5月からコンテナによる貨物輸送が本格的に行われているとのことで、日本海を渡るルートとの接続の可能性等、今後の発展が注目されます。

画像 : 延辺州政府庁舎の外観
延辺州政府庁舎の外観
画像 : 右:図們江地区開発辨公室・楊副主任
右:図們江地区開発辨公室・楊副主任

なお、延辺州とは、平成13年に「経済交流に関する覚書」を締結し、平成14年度以降、毎年、国際交流員として人材1名を派遣してもらっており、経済分野を中心とした交流活動に取り組んでいます。