1人でも乳幼児を保育する(預かる)事業を行う皆様へのお知らせ

2016年01月20日 | コンテンツ番号 10379

平成28年4月以降は、1日に保育する乳幼児の数が1人以上の認可外保育施設や認可外の訪問型保育事業(いわゆるベビーシッター事業)を行う場合には、原則、届出が必要です。

届出先

保育する事業を行う個人の住所地または事業所の所在地が、
「秋田市、横手市、男鹿市、湯沢市、由利本荘市、潟上市、大仙市、北秋田市、にかほ市、仙北市、上小阿仁村、藤里町、八峰町、井川町、大潟村、美郷町、羽後町、東成瀬村」の場合は、市町村長。
「能代市、大館市、鹿角市、小坂町、三種町、五城目町、八郎潟町」の場合は、秋田県知事。
※事業所内保育事業、一時預かり事業、病児保育事業、幼稚園に併設している保育施設において保育を行う場合等は、届出対象外です。

詳しくは、リーフレットをご覧ください。

ダウンロード