秋田県精神科救急搬送及び受入れ対応事例集 (身体合併症を有する精神疾患患者の受入医療機関確保のための基準と対応)

2015年12月18日 | コンテンツ番号 10276

秋田県の精神科救急医療体制については、「秋田県精神科救急医療体制整備事業」と「傷病者の搬送及び受入れの実施基準」に基づき体制整備を図っています。

しかし、身体合併症を有する精神疾患患者については、身体疾患と精神疾患の治療の優先度決定までに時間を要することが課題となっていました。

そこで、関係機関が一定の共通認識を持ち、患者をより迅速かつ適切な医療に結びつける体制を整えることを目的に、検討委員会を設置し「秋田県精神科救急搬送及び受入れ対応事例集」を作成し、平成28年2月1日からの運用開始としております。

今後は、本対応事例集を御活用いただき、本県の精神科救急医療がより一層充実するよう、御理解と御協力をお願いします。

ダウンロード

リンク