NPO法人が県融資制度を利用可能となります(平成27年10月1日から)

2015年09月30日 | コンテンツ番号 10021

改正中小企業信用保険法が平成27年10月1日に施行され、同日付けで特定非営利活動法人(以下「NPO法人」という。)が以下のとおり、秋田県融資制度を利用可能となります。

※秋田県融資制度とは
県が定められた融資条件の中で、県内に本支店等を有する秋田銀行ほか16の取扱金融機関及び秋田県信用保証協会の審査を経て、中小企業者の方に融資を行う仕組みです。実際に、融資を行うのは取扱金融機関となります。

1.対象

常時使用する従業員の数が次の要件を満たすNPO法人(雇用契約関係が無いボランティア等は従業員に含まれません。)  

  • 製造業300人以下
  • 卸売業、サービス業100人以下
  • 小売業(飲食業を含む)50人以下

2.利用できる資金の種類

原則として、小規模事業振興資金小口支援枠と創業支援資金を除いた全ての資金が利用可能です。

資金の詳細については、秋田県の中小企業融資制度について(平成28年4月1日現在) | 美の国あきたネットをご覧ください。

制度の詳細については、秋田県信用保証協会総務企画部(電話番号:018-863-9011)にお問い合わせください。