「あきたの縄文遺産パスポート(JOSPA)」ができました!

2015年10月08日 | コンテンツ番号 10015

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録への取組を契機にして、県民の皆様に縄文文化への理解を深めていただこうと、
県内の縄文遺跡の出土品展示施設を巡るパスポートを作成しました。
県内12カ所の展示施設にパスポートを置き、シールラリーを実施します。
シールを集めると写真が浮かび上がってきますので、それが何か、正解すればもれなく縄文グッズをプレゼントします。
また、12カ所全部を巡った方には「縄文マイスター」として認定証を差し上げます。
本県の縄文文化を体験する機会として、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。
パスポートが置かれている展示施設は、次の12カ所です。

  • 大湯ストーンサークル館(鹿角市)
  • 小坂町立総合博物館郷土館(小坂町)
  • 大館郷土博物館(大館市)
  • 北秋田市文化会館資料展示室(北秋田市)
  • 上小阿仁村生涯学習センター郷土資料展示ホール(上小阿仁村)
  • 県立博物館(秋田市)
  • 地蔵田遺跡出土品展示施設(秋田市)
  • 本荘郷土資料館(由利本荘市)
  • 仙北市田沢湖郷土史料館(仙北市)
  • 県埋蔵文化財センター(大仙市)
  • 雄物川郷土資料館(横手市)
  • 院内銀山異人館(湯沢市)

※プレゼントはグッズがなくなり次第終了します。

画像:あきたの縄文遺産パスポート1 画像:あきたの縄文遺産パスポート2